気になるトレンドキーワード

今日は何の日・季節のキーワード・地域のイベントを紹介!

お役立ち情報 美容・健康

黄砂の時期や原因は?外出対策を万全にしよう!

2017/04/23

http://kininaru-trend.net

砂は、中国内陸部の砂漠地帯から、偏西風(西から吹く風)に運ばれて日本にやってきます。

やっかいなのは、中国で発生した大気汚染物質であるpm2.5も乗せてくることと、花粉症の季節と重なることです。

今回は黄砂について、発生の原因と時期、そして外出時の対策をお伝えします!

黄砂の原因と時期は?原因は日本にもある!?

スポンサードリンク

黄砂は、中国内陸部のタクラマカン砂漠、ゴビ砂漠などの砂が、強風によって上空に巻き上げられ、偏西風にのって、日本に飛来してきます。

冬は、砂漠地帯でも雪や氷におおわれたり、凍結しているところもあり、砂埃も少ないのですが、春になると気温が上がり、暖かい風とともに上空に舞い上がります。

黄砂は、中国に近い西日本や日本海側で多く観測されますが、最近は東北や北海道でも観測され、範囲は広がっています

時期は2月~5月に多く観測され、ピークを迎えるのは4月です。しかし、年によって変わることがありますので、予報をチェックしておきましょう。

黄砂が増えた理由は、温暖化や干ばつなどによる、砂漠化の広がりが原因といわれます。

しかし、もう一つ、放牧が増えていることも問題とされています。

それは、カシミヤヤギの放牧です。ヤギが牧草を食べ尽くしてしまい、砂漠化を進めているという説があります。

高級品のカシミヤですが、いま日本では、比較的手軽に買える価格で売られています。そうしたわたしたちの消費が、砂漠化の原因の一つになっているとも考えられています。

黄砂は、砂を吸い込んだことによる健康被害や、家や車、田畑が砂におおわれたり、見通しが悪くなったりと、様々な被害をもたらしますが、実は、悪いことばかりではありません。

黄砂にはミネラルが含まれており、海のプランクトンを増やすという役割もあります。

外出時の黄砂対策は?PM2.5や花粉も防げるグッズを紹介!

スポンサードリンク

黄砂の対策としてあげられるのは、
・できるだけ外出は避ける
・外に洗濯物を干さない
・換気は窓を開けず、空気清浄機を使う
・マスクやメガネを着ける
・家に入る前に、服や髪についた黄砂を払い落とす
・手洗い、うがいをする
といったことです。

とはいえ、外出を避けるのは、なかなか難しいもの。
そこで、外出時の黄砂対策グッズをお伝えしていきます。

黄砂防止スプレー
服のほか、髪や顔につけることのできる黄砂防止スプレーがあります。花粉対策兼用のものもあります。

◆マスク
黄砂についてやってくるPM2.5は、花粉よりも粒子が細かいため、超微粒子を防げる専用マスクがおすすめです。

◆メガネ
黄砂やPM2.5も防げる花粉用メガネが2,000円前後で売られています。

まとめ

http://kininaru-trend.net

黄砂は、「春霞(はるがすみ)」とも呼ばれ、昔から和歌に詠まれる、春の風物詩です。

最近は量も多く、化学物質も含まれていて、あまり風流とは言えませんが・・・。

黄砂、PM2.5、花粉は、どれも完全には防げませんが、できるだけ快適に過ごせる対策をして、シーズンを乗り切りたいですね。

▼こちらもどうぞ
記事まとめ

スポンサードリンク

-お役立ち情報, 美容・健康