気になるトレンドキーワード

今日は何の日・季節のキーワード・地域のイベントを紹介!

今日は何の日?

5月9日はアイスクリームの日!由来は?アイスの種類って?

2017/04/08

http://kininaru-trend.net

5月9日はアイスクリームの日。

最近は、冬の限定商品も販売され、夏に限らず、一年中食べるデザートとして定着していますよね。

今回は、
・なぜ、5月9日がアイスクリームの日になったのか?
・アイスクリームの日にちなんだイベントは?
・市販されている”アイス”の種類と違いは?

についてご紹介します。

アイスクリームの日の由来とイベントをご紹介!

スポンサードリンク

「アイスクリームの日」の由来は?いつから?

アイスクリームの日は、東京アイスクリーム協会(現・日本アイスクリーム協会)が、1964(昭和39)年5月9日に、アイスクリームのイベントを行ったことから始まりました

1964年は、東海道新幹線が開通し、東京オリンピックが開催された年。高度経済成長まっただ中で、日本がどんどん豊かになっていった時代です。

5月9日になった理由は、ゴールデンウィークがあけ、アイスクリームのシーズンに入る時期をねらってのことです。

「アイスクリームの日」のイベントを紹介!

アイスクリームフェスタ
日本アイスクリーム協会では、毎年アイスクリームの日の前後の土日に、各地でイベントを開催しています。

イベントでは、アイスクリームの無料配布や抽選でアイスクリームの詰め合わせをプレゼントしています。


サーティーワン お客様感謝デー
サーティーワンアイスクリームでは、5月9日に限り、レギュラーシングルコーンを100円で販売しています。開催しない店舗もあるので、サイトでチェックしてみてください。

アイスクリームにはどんな種類がある?あなたの好きなのは?

スポンサードリンク

一口に”アイス”といっても、スーパーやコンビニで売られているものには、アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイスの3種類と、乳成分がほとんど入っていない氷菓があります。その違いと、それぞれの種類でおなじみの商品をご紹介します。

アイスクリーム
乳成分が一番多く入っているため、一番「ミルクっぽい」のが特徴。

・『ハーゲンダッツ
・ロッテ『レディボーデン
・森永乳業『MOW(モウ)

高級アイス=アイスクリームということですね。
MOWは、森永製菓のサイトでは「手軽に食べられる価格でおいしさだけをプレミアムにした」と書かれています。


アイスミルク
アイスクリームほどではありませんが、牛乳ほどの乳成分が含まれています。植物油脂が含まれているものもあります。

・ロッテ『雪見だいふく
・グリコ『ジャイアントコーン
・森永『チョコモナカジャンボ

モナカなどではさんであったり、チョコでコーティングしてあるアイスが多いですね。


ラクトアイス

乳成分が一番少なく、アイスクリームやアイスミルクに比べ、さっぱりしていて、シャリシャリした食感のアイスです。植物油脂が含まれているものもあります。

・ロッテ『
・グリコ『パナップ
・ロッテ『クーリッシュ


◆氷菓

乳成分はほどんど入っていない、アイスキャンディーやかき氷のことです。

・赤城乳業『ガリガリくん
・グリコ『アイスの実
・井村屋『あずきバー

まとめ

http://kininaru-trend.net

最近は、夏のデザートというイメージが薄れているアイスクリーム。夏は、暑いから食べるというアイスクリームも、冬だと自分へのごほうびに限定商品を食べる、という人も多いのでは?

また、乳成分が多いとカロリーも高いので、ダイエット中だけど”アイスクリーム”を食べたい!というときは、ラクトアイスを選ぶ人もいると思います。

そのとき気をつけたいのが植物油脂。アイスミルク、ラクトアイスに含まれていて、特にラクトアイスに多く含まれます。

油脂は、時間がたつと酸化していくので、食べるときには、できるだけ製造年月日が最近のものを選ぶのがおすすめです。

▼こちらもどうぞ
記事まとめ

スポンサードリンク

-今日は何の日?