気になるトレンドキーワード

今日は何の日・季節のキーワード・地域のイベントを紹介!

今日は何の日?

5月16日は旅の日!由来となった松尾芭蕉の忍者説は本当?

2017/04/06

http://kininaru-trend.net

5月16日は、旅の日。

1689(元禄2)年5月16日(旧暦3月27日)、松尾芭蕉が「奥の細道」の旅に出発したことが由来です。日本旅のペンクラブが制定しました。

今回は、旅の日にちなみ
・「旅の日」と日本旅のペンクラブについて
・松尾芭蕉はどんな旅をした?
・松尾芭蕉が忍者って本当だったの?

についてお伝えします。

「旅の日」ってどんな日?制定した日本旅のペンクラブとは?

スポンサードリンク

日本旅のペンクラブのサイトによると

「旅の日」とは、ともすれば忘れがちな旅の心を、そして旅人とは何かという思索をあらためて問いかけることを目的に、昭和53年(1988)に日本旅のペンクラブが提唱して誕生したものです。

とあります。

日本旅のペンクラブ(旅ペン)は1962(昭和37)年6月28日に設立。

会員には旅行ジャーナリスト、ライター、WEBライター、編集者、作家、歌人、写真家、画家、ラジオパーソナリティー、弁護士、建築家、大学教授など多彩な職業の人が所属、2016(平成28)年に亡くなった永六輔氏も在籍していました。

そして、この団体、なんと会長は西行(平安時代末期から鎌倉時代初期の僧侶・歌人)、副会長は松尾芭蕉です。

旅ペンでは「日本旅のペンクラブ賞」を、旅の文化の向上に寄与したと認められる団体、個人、行政機関等に贈っています。

受賞者は幅広く、秋田県横手市朝市のベテランおばあちゃんや京阪・定期観光バス運転手、NHKテレビ旅番組「小さな旅」、東日本大震災の翌年(2012年・平成24年)には、福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズが受賞しています。

松尾芭蕉ってどんな人?有名な句は?

スポンサードリンク

松尾芭蕉といえば「奥の細道」が有名で、旅の日の由来にもなっています。

芭蕉は、江戸時代前期の俳諧師(はいかいし)。伊賀出身のため、忍者だったのでは?という説があります。

ちなみに、ほぼ同じ意味ですが、俳句は明治時代に正岡子規によってできた言葉で、俳諧は俳句の源流となるものです。

芭蕉は、伊賀の国の土豪一族に生まれ、10代で侍大将に仕官していました。

初めて句を詠んだのは19歳の時。29歳には、上野天満宮(三重県伊賀市)に初めての句集を奉納しています。

江戸に来たのは31歳の頃。36歳で江戸深川に居をかまえ、ここで初めて「芭蕉」の号を使っています。芭蕉とは、バナナに似た花や実をつける大きな葉の植物のことです。

40歳で「野ざらし紀行」の旅に出て、東海道を西へ向かい、故郷である伊賀・大和・吉野・山城・美濃・尾張をまわりました。紀行とは、今でいう旅行記や旅のエッセーのこと。奥の細道も同様です。

この旅から帰ったあとに詠まれた有名な句がこちらです。
古池や蛙飛びこむ水の音(ふるいけや かはづとびこむ みずのおと)」

その後、43歳のときにも伊賀に向かう旅に出ています。

弟子の河合曾良(そら)とともに「奥の細道」の旅に出たのは、45歳のとき。西行500回忌に当たる1689(元禄2)年のことです。

芭蕉にとっては未知の世界である、下野・陸奥・出羽・越後・加賀・越前など、北関東から東北、北陸をめぐる旅でした。

奥の細道で詠まれた有名な句がこちらです。
夏草や兵どもが夢の跡(なつくさや つわものどもが ゆめのあと)」
閑さや岩にしみ入る蝉の声(しずかさや いわにしみいる せみのこえ)」
五月雨をあつめて早し最上川(さみだれを あつめてはやし もがみがわ)」

松尾芭蕉は、1694(元禄7)年、大阪御堂筋の商人の貸屋敷で、50歳の生涯を閉じます。

そこで詠まれた最期の句がこちらです。
旅に病んで夢は枯野をかけ廻る(たびにやんで ゆめはかれのを かけめぐる)」

松尾芭蕉が忍者だったという説は本当なの?

http://kininaru-trend.net

松尾芭蕉が忍者(隠密)だったのでは?という説があります。その理由は3つ。

1つ目は「奥の細道」の行程です。「奥の細道」で歩いた距離は六百里(2400㎞)。到着日数を計算すると、45歳で一日平均50㎞を歩いたことになります。

2つ目は、伊賀にいた当時、服部半蔵につながる一族に仕えていたこと。

そして、芭蕉に限らず、連歌師や俳諧師は各地を旅していたため、スパイの任務を担うことがあったというのが、3つ目の理由です。

「奥の細道」では、現在の栃木県黒羽町で13泊、福島県須賀川市で7泊していますが、仙台藩では名所の松島では句を詠まず、1泊だけ。これは、仙台藩を調べる機会をうかがっていたからではとも言われています。

仙台藩は、伊達政宗を初代藩主とする62万石の外様大名で、江戸幕府が恐れる存在。この頃、不穏な動きがあると疑われていました。

松尾芭蕉が忍者だったかは、定かではありませんが、歴史の”もしかして”はおもしろいですよね。

まとめ

http://kininaru-trend.net

松尾芭蕉の、旅の目的の真相はわかりませんが、45歳で未知の世界への旅に出たというのは事実です。

そして、その旅で多くの名句を残しました。

新しい世界を体験する旅に、年齢は関係ないということかもしれませんね。

▼こちらもどうぞ
記事まとめ

スポンサードリンク

-今日は何の日?