気になるトレンドキーワード

今日は何の日・季節のキーワード・地域のイベントを紹介!

今日は何の日?

5月23日はキスの日!由来は日本映画初のキスシーン!

http://kininaru-trend.net

5月23日は、キスの日。

1946(昭和21)年5月23日に、日本初のキスシーンが登場する映画『はたちの青春』が封切られた日というのが由来です。

もともとは、恋人同士が抱き合うというシーンだったのが、GHQ(連合国軍最高司令部)の検閲でキスシーンに変更されました。検閲というと、逆のイメージがありますよね。

また、この日はラブレターの日でもあります。

今回は、キスの日、ラブレターの日にちなみ、
・なぜキスシーンに変更されたの?
・フレンチキスって、実は・・・!?
・ラブレターの日の由来は?

についてお伝えします。

抱き合うシーンから、なぜキスシーンに変更されたの?

スポンサードリンク

映画が公開されたのは、終戦翌年の1946(昭21)年。日本は、GHQの占領下にありました。

一説によると、キスは自由と民主主義の象徴だったため、GHQの検閲を受けて変更されたとのこと。

それが日本人に伝わったかはわかりませんが、『はたちの青春』は、「日本初のキスシーン」と宣伝され、映画館は連日満員の大ヒットとなりました。

実は、同じ年に、この映画よりも前に、キスシーンのある映画(『ニコニコ大会 追ひつ追はれつ』)が上映されていたのですが、宣伝によって、『はたちの青春』の方が話題になりました。

この映画でキスシーンを演じたのは、幾野道子さんと大坂志郎さん。二人のくちびるの間にガーゼをはさんでキスをしたという逸話が残っています。

幾野さんは、『ニコニコ大会 追ひつ追はれつ』でもキスシーンを演じているので、いずれにしても、日本初のキスシーンを演じた女優は彼女ということになります。

大坂志郎さんは、40歳半ば以上であれば、ドラマ『大岡越前』の”源さん”で覚えている方もいるのではないでしょうか。加藤剛さん演じる大岡忠相(ただすけ)を”若”と呼ぶ、同心の村上源次郎役を長く演じました。

フレンチキスって、実は・・・!?

スポンサードリンク

フレンチキスというと、軽いキスの意味だと思っている人も多いですが、実はその逆。ディープキスのことを言います。

フレンチキスという言葉がいつ登場したのかは、諸説あって定かではありませんが、名付けたのは、イギリス人という説があります。

仲の悪かったフランス人に対し、「フランス式のオープンなキス」との皮肉が込められています。

日本でディープキスが、「あいさつ代わりの軽いキス」という逆の意味で伝わった理由も、定かではありませんが、もしかすると、この「オープンなキス」が、あいさつ代わりのキスと間違って受け取られた可能性はあります。

ラブレターの日の由来は?

http://kininaru-trend.net

ラブレターの日は、松竹が、映画『ラブ・レター』のPRのために制定しました。

5(こ)2(ふ)3(み)=「こいぶみ(恋文)」の語呂合わせと、『ラブ・レター』の公開初日であったことが由来です。

『ラブ・レター』は、浅田次郎さんの短編小説。短編集『鉄道員(ぽっぽや)』に収録されています。

偽装結婚したチンピラと中国人女性の心の交流を描いた恋愛ドラマで、主演は中井貴一さんです。

まとめ

http://kininaru-trend.net

5月23日は、キスの日、そしてラブレターの日。愛し合う二人のための日なんですね。

結婚されていたり、長く付き合っているという場合も、メールではなく、日頃の感謝と愛をこめて、ラブレターを書いてみてはいかがでしょうか。

思う以上に、うれしくて、心に響くものですよ。

▼こちらもどうぞ
記事まとめ

スポンサードリンク

-今日は何の日?