気になるトレンドキーワード

今日は何の日・季節のキーワード・地域のイベントを紹介!

今日は何の日?

毎月25日はプリンの日!由来は?プリンは食糧難の発明!?

http://kininaru-trend.net

毎月25日は、プリンの日。

焼きプリンなどを製造する、オハヨー乳業が2010(平成22)年に制定しました。

「プリンを食べると、思わずニッコリ(25)」という語呂合わせが由来です。

コンビニやスーパーにも、たくさんの種類が並ぶプリン。

でも、プリンはいつ誕生したのでしょうか?また、子供の頃にはよく食べていた、プッチンプリンのしくみってどうなってるの?と気になってきました。

そこで今回は、プリンの日にちなみ、
・プリンは食糧難の発明!?
・プリンの革命!グリコのプッチンプリン誕生物語!

について、お伝えします。

プリンは食糧難の発明!?

スポンサードリンク

プリンの誕生には諸説ありますが、その中の一つが、16世紀のイギリスで、航海中に食料不足のため、苦肉の策として作られたというもの。

卵や小麦粉など、ありあわせの食料をまぜ、ナプキンで包んで蒸したもので、それが今のプリンのルーツとも言われています。

プリンは英語でプディングと言いますが、イギリスでは、蒸し料理の総称の意味。お菓子のプリンは、カスタードプディングという言い方をします。

プリンは、容器にカラメルソース(砂糖を少量の水で加熱したもの)を入れ、次に卵・砂糖・牛乳をまぜたものを流し込みます。それをオーブンで蒸し焼きにするか、茶碗蒸しのように蒸し、冷やしてから容器をひっくり返してできあがります。

クレームブリュレはフランス語で「焦がしたクリーム」の意味。

材料はプリンに似ていますが、表面は砂糖をバーナーやグリルで焦がした、硬いカラメルが乗っているのが特徴です。

蒸さずにゼラチンなどのゲル化剤で固めたプリンは、ケミカルプリンと呼ばれます。粉状のプリンの素もこの中に入ります。

プリンの革命!グリコのプッチンプリン誕生物語!

スポンサードリンク

最近は、スーパーやコンビニでも、洋菓子店に負けない味のプリンが並んでいます。でも、ちょっと昔を振り返ると、おやつのプリンといえば、グリコのプッチンプリンを思い浮かべる人も多いのでは?

グリコ(当時はグリコ乳業)からプッチンプリンが発売されたのは、1972(昭和47)年。当時はまだ、スーパーではデザートが販売されていませんでした。プッチンプリンの登場は、手軽にデザートを買うという、今では当たり前になったことのさきがけとも言えます。

グリコの公式サイトには「プリンに賭けろ!~プッチンプリン物語~と題したマンガが掲載され、誕生から現在に至るまでの、プッチンプリンに賭ける社員の熱い物語が展開されています。

それによると、開発をスタートさせた1970(昭和45)年、社長からは「プリンなんて売れるわけがないだろう」と賛同を得ることができませんでした。

しかし、洋菓子店でもプリンは人気商品。粉末のプリンの素が売られていることを見ても、必ず売れると社員は確信していました。が、社長を説得するためには、”グリコでないとできないもの”が必要でした。

そこで企画されたのが、パーラーのようにお皿にのせることができるプリン。それが実現すると、カラメルを下からすくわなくても、プリンと一緒に食べることができます。

そこから、さまざまな困難や試行錯誤があり、プッチンプリンの容器ができあがったのです。

容器の試作品には、プチッと折る突起部分が2カ所ありました。しかし、2カ所あるがゆえに、突起部分と穴を一致させるのが難しく、1カ所は、ずれてしまっていました。

しかし、それが大発見につながります。

突起部分と穴がずれている方が、折りやすく、穴もきれいに開いたのです。

ぷるんとプリンが出るおもしろさに、ついに社長も商品化にGOサインを出し、1972(昭和47)年7月に発売を開始しました。

プッチンプリンは、時代によって容器や中身を改良し、発売からすでに45年以上たっています。コンビニスイーツ戦争など、次から次へと新しい商品が生まれる中で、これだけのロングセラーになるのはすごいですね。

まとめ

http://kininaru-trend.net

今回は、プリンの日にちなみ、プリン誕生の由来と、プッチンプリンの歴史を紹介しました。

プッチンプリンのことを知るだけでも、わたしたちの食生活が、いかに急激に変化してきたかがわかりますね。

▼こちらもどうぞ
記事まとめ

スポンサードリンク

-今日は何の日?