気になるトレンドキーワード

今日は何の日・季節のキーワード・地域のイベントを紹介!

今日は何の日?

「百人一首の日」の制定の由来は?なぜ”小倉”とつく?

http://kininaru-trend.net

5月27日は、百人一首の日。

鎌倉時代初期の1235年5月27日に、藤原定家(ふじわらの さだいえ/ていか)によって、小倉百人一首が完成したとされることが由来です。

百人一首は、だれもが知っていますが、なぜ”小倉”百人一首というのでしょうか?また、これほど知られるようになったのは、なぜでしょうか?

そこで今回は、百人一首の日にちなみ、
・百人一首とは?なぜ”小倉”百人一首と呼ばれるの?
・百人一首が広まったのはなぜ?

について、お伝えします。

百人一首とは?なぜ”小倉”百人一首と呼ばれるの?

スポンサードリンク

百人一首は「百人の歌人の和歌を、一首ずつ選び集めたもの」のことです。

藤原定家が編さんしたものが元祖と言われ、その後作られたものと区別するために、小倉百人一首と言うようになりました。

和歌(短歌)は、「五七五七七」の三十一文字(みそひともじ)の、日本特有の形式の詩です。

もともと和歌は、長歌・短歌・旋頭(せどう)歌・片歌などの総称でしたが、短歌以外は、すたれていき、和歌といえば短歌のことを指すようになりました。

小倉百人一首は、藤原定家が、京都・嵯峨野の小倉山荘という別荘で編さんしたことから名付けられました。

定家の日記『明月記』には、友人であり、息子の妻の父でもあった宇都宮頼綱(うつのみや よりつな)から、別荘の襖(ふすま)に貼る色紙を作ってほしいと頼まれた、とあります。

つまり、元祖百人一首は、ふすまの飾りのために、作られたものだったということです。

小倉百人一首の正確な完成時期はわかっていませんが、『明月記』に、このことが書かれているのが1235年5月27日だったため、百人一首の日の由来になりました。

百人一首が広まったのはなぜ?

スポンサードリンク

百人一首が広まったのは江戸時代

江戸時代初期には印刷技術も発展し、和歌の全句を読み上げ、下句が書かれた札を取る「歌がるた」が作られ、百人一首は庶民にも親しまれるものになりました。

歌がるたは、元禄時代に「源氏物語」や「伊勢物語」で作られたものもありましたが、「小倉百人一首」が最も盛んになり、歌がるたといえば「小倉百人一首」を指すようになりました。

ちなみに、「かるた」の語源は、カードを意味するポルトガル語。もとは、戦国時代に来日したポルトガル人が持ち込んだトランプのことです。

百人一首は、少女漫画『ちはやふる』で再び注目されました。2015(平成27)年には、広瀬すずさん主演で映画化もされましたね。

『ちはやふる』は競技かるたのクイーンを目指す少女が、主人公の物語です。

「ちはやふる」は、在原業平(ありわらの なりひら)の『ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは』から取られている言葉。「千早振る」と書き、「勢いの強いさま」という意味です。

百人一首の競技は、明治時代から各地で行われていましたが、今は「全日本かるた協会」に統一され、1955(昭和30)年から男子選手の最強を決める名人戦を、1957(昭和32)年から女子選手の最強を決めるクイーン戦を主催しています。

札を取るときの、すばやくて激しい動きに驚いてしまいますが、”競技”というだけあって、スポーツとして取り組まれているものです。

まとめ

http://kininaru-trend.net

藤原定家は、新古今和歌集など、小倉百人一首以外にもたくさんの歌集を残しています。自分自身も歌人であり、編集者でもありました。

百人一首は、小倉百人一首のほかにも、数多く作られましたが、今わたしたちが知る百人一首は、小倉百人一首しかありません。

広く知られる過程で、注釈本が作られたり、江戸時代になって商家などの子女の教養本や書道の手本となるなど、広まった理由はいくつかありますが、一番の理由は、定家がセンスのある優れた編集者だったからでは、と思います。

百人一首のかるたは、1,500円ほどで売られています。脳トレにもなるので、家族や友人と楽しんでみてはいかがでしょうか?

(参考)
こんなに面白かった「百人一首」 吉海直人監修 PHP文庫
大阪府立中之島図書館サイト

▼こちらもどうぞ
記事まとめ

スポンサードリンク

-今日は何の日?