気になるトレンドキーワード

今日は何の日・季節のキーワード・地域のイベントを紹介!

今日は何の日?

5月29日はこんにゃくの日!由来は?白黒2つある理由は?

http://kininaru-trend.net

5月29日は、こんにゃくの日。

1989(平成元)年に、全国こんにゃく協同組合連合会と日本こんにゃく協会が制定しました。

こんにゃくの種イモの植えつけが5月に行われることと、「こ(5)んに(2)ゃく(9)」の語呂合せが由来です。

こんにゃくは、こんにゃく芋から作られますが、市販のものしか目にしないと、どう作られているか、ご存知ない方も多いのでは?また、白いものと黒いもの、2種類あるのも疑問ですよね。

そこで今回は、こんにゃくの日にちなみ、
・こんにゃくってどう作られるの?白と黒があるのはどうして?
・こんにゃくの効果的な食べ方は?

について、お伝えします。

こんにゃくってどう作られるの?白と黒があるのはどうして?

スポンサードリンク

こんにゃくは、こんにゃく芋を乾燥させて粉にした「こんにゃく粉」と水で溶いた「食用水酸化カルシウム」(石灰水)を混ぜたものを、形を整えてゆでて固めたものです。

昔は、石灰水ではなく、わら灰や木灰を水に浸して、上澄みをすくった液である「灰汁(あく)」を使っていました。また、こんにゃく粉ではなく、こんにゃく芋を皮ごとすりおろして作っていました。

こんにゃく芋は、アクが強くて、口の中がピリピリするほどのえぐみがあり、茹でたり焼いたりしても、そのまま食べることはできません。

それが、「灰汁(あく)」を入れると中和されるのです。また、灰汁は、すりおろしたこんにゃくを固める性質も持っていました。

アクを灰汁で取り除き、今のこんにゃくを発明した先人の知恵はすごいですね。

さて、こんにゃくは、黒いものと白いものの2種類が売られていますよね。昔は、皮ごとすりおろしたこんにゃく芋を使っていたので、黒い色をしていました。

それに対し、こんにゃく粉で作ると白いこんにゃくができます。

こんにゃく粉が考案されたのは、江戸時代中期。そのおかげで、一年中こんにゃくが食べられるようになりました。こんにゃく芋は腐りやすかったので、それまでは収穫時期の秋限定の食べ物でした。

しかし、西日本では白いこんにゃくは好まれませんでした。そのため、海藻を入れて黒くするというアイデアが生まれたのです。今でも、東日本は白、西日本は黒が中心となっています。

黒いものを白くしているのかな?と思っていましたが、実は、白い方がスタンダードなんですね。

こんにゃくの効果的な食べ方は?

スポンサードリンク

こんにゃくは、低カロリーで食物繊維が豊富なことから、”こんにゃく麺”などダイエット食にもなっています。

ここで気をつけたいのは、食物繊維の種類と役割。それを理解すると、より効果が期待できます。

食物繊維には、水に溶けない「不溶性食物繊維」と、水に溶ける「水溶性食物繊維」があります。

こんにゃくゼリーの「蒟蒻畑」でおなじみのマンナンライフのサイトによると、

不溶性食物繊維
■水分を吸収しやすく、便のかさをふやし排便を促す
■有害物質を体外へ排出、大腸がんの予防効果がある
多く含む食品:穀物、熟していない果物、豆類、野菜、きのこ、ココア など

水溶性食物繊維
■血中コレステロール値を下げる
■食後の血糖値の急上昇を抑える
■腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整える
多く含む食品:熟した果物、海藻、野菜、きのこ、芋類 など

という、それぞれの特長があります。

では、こんにゃくは?というと、水分を除いた主成分は「グルコマンナン」という水溶性食物繊維なのですが、こんにゃくを固めるための「食用水酸化カルシウム」を加えることで、不溶性に変わるのです。

マンナンライフの商品は、食用水酸化カルシウムを使用していないので、水溶性食物繊維のままとのことです。

理想は、2種類の食物繊維をバランス良く摂ること。そうすると、腸内環境を整えた上で、有害物質を排出するデトックスも期待できるというわけですね。

まとめ

http://kininaru-trend.net

こんにゃくの食物繊維について調べていて、「海藻入りの黒いこんにゃくを食べると、理想的な食物繊維の摂り方ができるのでは?」と思いました。

効果のほどはわかりませんが、なじみのある色にしようと工夫した結果「不溶性食物繊維」も「水溶性食物繊維」も摂れる食品ができあがったのは、すごいですよね。

こんにゃくは、6世紀に仏教の伝来とともに薬(整腸剤)として、日本に入ってきたと言われています。

それが、こんにゃく粉が考案され、一般庶民の食べ物になったのが江戸時代中期。江戸時代後期には、『蒟蒻百珍(こんにゃくひゃくちん)』という、こんにゃく料理82品目が紹介されている本が記されました。

こんにゃくは、おでんや鍋の季節にしか食べない人も多いと思いますが、こんにゃくが主役の料理を作るのも、おもしろいかもしれませんね。

(参考)
日本こんにゃく協会 公式サイト
共栄蒟蒻株式会社 公式サイト
株式会社関越物産 公式サイト
マンナンライフ 公式サイト

▼こちらもどうぞ
記事まとめ

スポンサードリンク

-今日は何の日?