気になるトレンドキーワード

今日は何の日・季節のキーワード・地域のイベントを紹介!

雑学

水無月の由来は?6月30日に食べる「水無月」とは?

http://kininaru-trend.net

水無月(みなづき)は、陰暦で六月のことです。

現在の6月というと、梅雨の時期なので、水無月は「雨が降りすぎないように」という説を聞いたことがあるかもしれませんが、これは俗説で正しいとは言えません。

今回は、水無月にちなみ、
・水無月の由来と”無”の意味は?
・一年の折り返し、6月30日に食べる”水無月”とは?

についてお伝えします。

水無月の由来と”無”の意味は?

スポンサードリンク

由来は諸説ありますが、水無月の「無」は、「の」と同じ意味で「水の月」とするのが有力な説です。

旧暦の6月は、今の6月下旬から8月上旬ごろに当たります。

昔は、この頃に田植えを行っており、田んぼに水を引く月であることから「水の月(水無月)」と呼ばれるようになりました。

水を多く使う月で、「水が無い月」とする説もありますが、これは俗説です。

一年の折り返し、6月30日に食べる”水無月”とは?

スポンサードリンク

水無月とは、和菓子の一つです。

京都で「夏越の祓(なごしのはらえ)」が行われる6月30日に、無病息災を願って食べられます。

水無月は、白いういろう生地の上に、甘く煮た小豆をのせ、三角に切り分けたものです。小豆は悪魔払いの意味、三角は氷を表していると言われています。

平安時代の宮中には、旧暦6月1日(新暦6月下旬~7月中旬)の「氷の節句」に、氷室(ひむろ)に貯蔵しておいた貴重な氷を切り出し、暑気払いのために食べるという風習がありました。

三角に切ったういろうは、この氷をかたどったものとも言われています。

祓(はらえ)とは、罪や穢れ、災厄などの不浄を心身から払い清めるための神事。その中でも、大祓(おおはらえ)は、年2回行われ、6月30日の「夏越の祓」と、12月31日の「年越の祓」があります。

この神事は、古事記や日本書記に登場する伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の禊祓(みそぎはらい)が起源です。

古事記によると、伊弉諾尊(イザナギミコト)と伊邪那美命(イザナミノミコト)の夫婦神から、日本列島や多くの神様が生まれました。

しかし、火の神を生んだことが原因で、妻のイザナミは亡くなってしまいます。嘆き悲しむ夫のイザナギは、黄泉(よみ)の国まで妻を追いかけていきます。

ところが、イザナミはすでに、黄泉の国の食べ物を食べてしまったため、一緒に戻れない答えるのです。

それでもイザナギはあきらめなかったため、イザナミは黄泉の国の神に交渉するとイザナギに約束します。「その間は、絶対にのぞかないでほしい」と伝えて。

そう言われると、のぞいてしまうのはお約束。

身体は腐り、ゾンビのようになったイザナミを見て驚いたイザナギは、一目散に逃げ出します。

逃げ切った海で行うのが、先ほど出てきた禊祓(みそぎはらい)です。それによって、多くの神が生まれます。そして最後に、左目を洗ったときに天照大御神(アマテラスオオミカミ)、右目を洗ったときに月読命(ツクヨミノミコト)、鼻を洗ったときに須佐之男命(スサノオノミコト)という有名な三柱の神が生まれたのです。

まとめ

http://kininaru-trend.net

6月の水無月の由来、そして「夏越の禊」に京都で食べられる和菓子、水無月について紹介しました。

”年越”だけでなく、半年の区切りと、次の半年に向けて、”夏越”に神社でお参りをしたり、気持ちを新たにするのもいいかもしれませんね。

(参考)
神社本庁 サイト
甘春堂 サイト

▼こちらもどうぞ
記事まとめ

スポンサードリンク

-雑学