気になるトレンドキーワード

今日は何の日・季節のキーワード・地域のイベントを紹介!

季節の行事・イベント 雑学

節分の豆まきの正式な作法は?正式なのは大豆?落花生?

2017/03/30

節分と言えば豆まきですが、
正式な作法というのはあるのでしょうか?

わたしの地元、新潟では、
殻付きの落花生をまいていました。

さすがに外の雪に落ちた豆は拾いませんでしたが、
まき終わった豆は拾って、
歳の数を食べるというのが家族行事でした。

東京に来て、豆まきの豆が大豆ということに、
びっくりしました。
落ちたのを食べるの?という疑問もわきました。

ということで、節分の豆まきの正式な作法と、
大豆と落花生をまく地域
について調べてみることにしました。

節分の起源は大豆!豆まきの正式な作法は?

スポンサードリンク

豆まきの起源の一つとして、
平安時代に、京都の鞍馬に鬼が現れたときに、
毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけたところ、
鬼を退治できたという伝説があります。

ということで、起源は大豆だったんですね。

では、豆まきの正式な作法をご紹介します。

1.豆を準備する
節分の豆は「福豆」と言い、必ず炒った大豆を使います。
理由は、炒ることで、魔よけのために使った豆から
芽が出ないようにするためです。

スーパーなどで売られている節分用の豆は
炒ってあることが多いです。

福豆は枡に入れて、節分の夜まで神棚に供えておきます。
神棚がない場合も、枡や豆専用の皿を用意して、
豆を入れておきます。


2.豆まきの担当は一家の主人
豆まきは、一家の主人や年男、年女、厄年の人が担当します。


3.豆をまくのは夜
鬼は真夜中に忍んできます。
そのため、豆まきは夜に行います。

玄関や窓など、鬼の侵入口になるところは
すべて開けておきます。

開けた窓に向かって「鬼は外!」
家の中に向かって「福は内!」
と声を出してまいていきます。

部屋の奥から始め、最後は玄関にまきます。
外にまいたら、すぐに窓を閉めましょう。


4.下手投げでまく
豆は、上からではなく、
ソフトボールのように、下手投げでまきます。


5.最後は歳の数+1個の豆を食べる
まいた豆は食べず、別に用意した豆を、
歳の数より1個多く食べます。
数え歳(生まれた時を1歳と数える)の数食べた風習からです。

落花生をまくのは、どこが発祥?まく地域は?

スポンサードリンク

落花生をまくのは、北海道が発祥の地。
そのほか、青森、秋田、岩手、宮城、福島、新潟
でも落花生をまきます。

東北でも山形は大豆が主流です。

また、落花生の産地である、
九州の宮崎県、鹿児島県でも落花生をまいています。
(千葉は入らないんですね)


落花生の栽培が日本で本格的に始まったのは明治初期。

殻付きの落花生をまく理由として、
落ちても食べられるからという説が有力です。

北海道は開拓者が多く、
合理的に考える人が多かったからでしょうか。


落花生派の地域は雪国が多いため、
雪の上に落ちても食べられるという説もありますが、
わたしは拾った記憶がありません、、、。
(2月は一年で一番雪が多く積もるので、拾うのはかなり大変かと)

豆以外に、お菓子やみかん、お金(硬貨)をまく地域もあります。

節分には、豆まきのほかに、こんな風習も!

ハロウィンのように、新しい風習が定着する一方で、
日本の伝統行事も、まだまだ根強く残っているのが
日本の良いところですよね。

節分には、豆まきのほかに、
玄関先に「柊鰯(ひいらぎいわし)」を飾る風習があります。

魔よけのための飾りですが、
ひいらぎは、葉に棘(とげ)があり、
それを鬼が嫌うということで使われています。


また、冬に力強く葉を広げることから、

生命力も表しているそうです。

クリスマスリースの葉も、ひいらぎで、
同じ意味から使われています。

キリスト教文化と共通しているなんて、
おもしろいですよね。


今年は、日本の伝統的な方法で、

節分を楽しんでみるのも、いいかもれませんね。

▼「柊鰯(ひいらぎいわし)」についてはこちら↓
節分にいわし、ひいらぎを飾るのはどうして?意味は?

スポンサードリンク

-季節の行事・イベント, 雑学