気になるトレンドキーワード

今日は何の日・季節のキーワード・地域のイベントを紹介!

今日は何の日?

6月12日は恋人の日!由来は?”恋愛”は楽しい?苦しい?

http://kininaru-trend.net

6月12日は、恋人の日。

1988(昭和63)年に全国額縁組合連合会が制定しました。

なぜ額縁の団体が?と思って調べると、ブラジル・サンパウロでは、この「恋人の日」に家族や友人、恋人同士がフォトフレームを送りあう習慣があり、日本でも定着させようという狙いがありました。

でも、なぜ6月12日が「恋人の日」なのでしょうか?気になったので調べてみることにしました。

また、恋人の日にちなみ、意味の解釈がおもしろいと人気の「新明解国語辞典」の”恋愛”が、どう変化していったのかもお伝えします。

なぜ6月12日が「恋人の日」なの?

スポンサードリンク

6月12日は、ヨーロッパやアメリカで「縁結びの神」「女性の守護神」として人気の高い聖アントニオの命日の前日です。

命日の6月13日は「聖アントニオの日」という記念日で、前日(イヴ)の12日には、恋人や夫婦の間で贈り物をしあうという風習があります。

そこで、ブラジル・サンパウロ商業教会が、1952年6月12日に「恋人の日」と定めキャンペーンを行いました。このことがきっかけとなって、「恋人の日」がブラジル・サンパウロの年中行事として定着しました。

それを日本でも広めようと、全国額縁組合連合会がPRのために定めたのが「恋人の日」だったんですね。

聖アントニオと呼ばれる人は、もう一人いますが、恋人の日の由来となったのは「パドヴァのアントニオ」と呼ばれる聖人です。

1195年にポルトガルのリスボンに生まれ、1231年6月13日に36歳という若さで亡くなりました。パドヴァは彼が最後の2年間を過ごしたイタリア北部のベネチアの都市です。

ポルトガル・リスボンの彼の生誕地と伝わる場所と、最期を迎えた土地であるイタリア・パドヴァには「サント・アントニオ教会」が立っています。

聖アントニオは、数々の奇跡を起こし、失せ物、縁結び、結婚、不妊症に悩む人々、老人、動物の聖人とされ、ポルトガル、ブラジル、イタリア・パドヴァの守護聖人です。

カトリック教徒の間では、「聖アントニオ様、一緒に探してください」と言うと、失くしたものが見つかるというおまじないがあります。ただ、なぜ「縁結びの神」「女性の守護神」といわれるのかは、はっきりしていません。

「新明解国語辞典」の”恋愛”を一挙ご紹介!

スポンサードリンク

”新解さん”という愛称で親しまれる「新明解国語辞典」。意味の解釈や説明がおもしろく、読み物としても楽しめる辞書として人気です。

特に”恋愛”の説明が特徴的で、あまりにも言い当てていておもしろいと話題になりました。

今回は、初版から最新刊の第七版までの”恋愛”をすべて紹介します。

◆初版 1972年発行
◆第二版 1974年発行

一組の男女が相互に相手にひかれ、ほかの異性をさしおいて最高の存在としてとらえ、毎日会わないではいられなくなること。

恋人を恋しく思う気持ちが伝わってきますね。

◆第三版 1981年発行
◆第四版 1989年発行

特定の異性に特別の愛情をいだいて、二人だけで一緒に居たい、出来るなら合体したいという気持ちを持ちながら、それが、常にはかなえられないで、ひどく心を苦しめる・(まれにかなえられて歓喜する)状態。

ものすごく、悩みもだえる様子が伝わってきます。”合体”という衝撃的(?)な言葉も登場しました。

◆第五版 1997年発行

特定の異性に特別の感情をいだき、高揚した気分で、二人だけで一緒に居たい、精神的な一体感を分かち合いたい、出来るなら肉体的な一体感も得たいと願いながら、常にはかなえられないで、やるせない思いに駆られたり、まれにかなえられて歓喜したりする状態に身を置くこと。

合体から”肉体的な一体感”に変わっていますね。また、”精神的な一体感”という言葉が登場しました。

◆第六版 2005年発行
◆第七版 2012年発行

特定の異性に対して他の全てを犠牲にしても悔い無いと思い込むような愛情をいだき、常に相手のことを思っては、二人だけでいたい、二人だけの世界を分かち合いたいと願い、それがかなえられたといっては喜び、ちょっとでも疑念が生じれば不安になるといった状態に身を置くこと。

思いの強さが増していますね。こんな激しい気持ちで恋愛をしている人はどのくらいいるのでしょうか・・・。

まとめ

http://kininaru-trend.net

「恋人の日」にちなみ、6月12日に制定された由来と、新明解国語辞典の”恋愛”についてお伝えしました。

「新解さん」の”恋愛”の変遷は、時代を反映している気もします。

恋や恋人も時代によって、意味や関係性が変わるものなのかもしれませんね。

▼こちらもどうぞ
記事まとめ

スポンサードリンク

-今日は何の日?