気になるトレンドキーワード

今日は何の日・季節のキーワード・地域のイベントを紹介!

地域の祭り・イベント

八王子まつり2017!勇壮な「ぶっつけ」を見にいこう!

2017/05/18

八王子まつり公式ウェブサイトより

八王子まつり」は、東京都八王子市の最大の祭り。関東有数の山車(だし)祭りとして有名で、19台の山車が登場します。

開催は8月第一金、土、日の3日間。2017(平成29年)は8月4日(金)、5日(土)、6日(日)です。

山車は2日目、3日目に登場しますが、特に、3日目の山車を寄せ、囃子を競い合う「ぶっつけ」は見ごたえがあります。

今回は、八王子まつりについて
・八王子まつりとは?どんな歴史がある?
・八王子まつりの日時は?迫力ある「ぶっつけ」を中心に紹介!
をお伝えします。

八王子まつりとは?どんな歴史がある?

スポンサードリンク

八王子まつりは、市民まつりとして1961(昭和36)年に始まりました。

現在は、江戸時代から行われていた「上の祭り」と「下の祭り」を統合し、山車を中心とした祭りとなっています。

また、2016(平成28)年に2,130名が参加した民謡流しは、「最多人数で踊る盆踊り」としてギネス世界記録に認定されました。

上地区の「上の祭り」は多賀神社の祭礼です。多賀神社は八王子の西の鎮守とされ、御祭神は伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)。1945(昭和20)年の八王子空襲の戦火を逃れた境内は、昔の佇まいを残しています。

下地区の「下の祭り」は八幡八雲神社の祭礼です。八幡八雲神社は八王子の東の鎮守とされ、御祭神は応神天皇と素盞鳴尊(すさのおのみこと)です。

八王子まつりの日時は?迫力ある「ぶっつけ」を中心に紹介!

スポンサードリンク

八王子まつりの見どころは、なんといっても「ぶっつけ」。ぶっつけとは、山車がすれ違う時に、山車を寄せ囃子を競い合うことで、相手の囃子につり込まれた方が負けになるというものです。

ここでは、その「ぶっつけ」が行われる、「上の祭り」「下の祭り」について、日時、開催場所をご紹介します。※時間は2016(平成28)年のものです。

【開催日】 8月6日(日)※八王子まつりは8月4日(金)、5日(土)、6日(日)
【開催場所】甲州街道(国道20号)
【アクセス】JR中央線 八王子駅北口 徒歩5分
      京王線 京王八王子駅 徒歩10分
      JR中央線 西八王子駅 徒歩12分

甲州街道の西側(西八王子方面)が上地区(上の祭り)、東側(八王子駅に近い方)が下地区(下の祭り)で、それぞれの神輿・山車が登場します。

甲州街道(国道20号)を山車や神輿が行き交い、山車がすれ違う時に「ぶっつけ」が行われるのは「辻合わせ」です。

上の祭り(多賀神社祭礼)
上の祭りは、甲州街道(国道20号)の下地区との境になる八幡町交差点から西側の追分町交差点(西八王子駅方面)で行われます。

14:30~17:00 多賀神社宮神輿「千貫みこし」渡御
17:00~21:30 上地区山車巡行・神輿渡御
19:00~19:20 神輿連合渡御(八幡辻)
19:50~20:30 山車八幡大辻合わせぶっつけ

下の祭り(八幡八雲神社祭礼)
下の祭りは、甲州街道(国道20号)の八王子駅入口から八幡町交差点までで行われます。JR八王子駅北口を出て、左手に斜めに伸びる「西放射線ユーロード」を突き当たったところが甲州街道で、下地区の中心です。

14:00~17:00 八幡八雲神社宮神輿渡御
17:00~19:00 下地区神輿連合渡御
17:00~21:30 下地区山車巡行・神輿渡御
18:00~18:40(八日辻)、17:50~18:20(横山辻) 八日・横山辻山車辻合わせぶっつけ

まとめ

八王子まつりは他にも、
8月5日(土)16:00~18:00 民謡流し(甲州街道)
       18:00~21:30 山車・神輿渡御(甲州街道)
       12:00~21:00 夜店(甲州街道)
8月6日(日)16:00~18:00 獅子舞(西放射線ユーロード)

など、盛りだくさんです。

八王子は、新宿からJR中央線・中央特快で約40分。

ベッドタウンのイメージがありますが、東京近郊で、これだけの山車が見られるまつりは、とてもめずらしいので、ぜひお出かけになってみてはいかがでしょうか。

▼こちらもどうぞ
記事まとめ

スポンサードリンク

-地域の祭り・イベント