気になるトレンドキーワード

今日は何の日・季節のキーワード・地域のイベントを紹介!

今日は何の日? 雑学

最高気温ランキングが変わった!?日本で一番暑いのはどこ?

2017/06/08

http://kininaru-trend.net

夏に日本一暑くなるので有名な場所は?と聞かれると、暑さを逆手にとってまちのPRをしている埼玉県熊谷市が頭に浮かぶ人も多いのでは?

しかし!実は、最高気温の記録が更新されていたのです。

また、熊谷市は、今後「暑さ推し」をやめるという情報も!

そこで今回は、
・熊谷、多治見を抜いて1位に!日本で一番暑いのはどこ?
・「あついぞ!熊谷」は今年で見納め?「暑さ推し」はなくなる?

についてお伝えします!

熊谷、多治見を抜いて1位に!日本で一番暑いのはどこ?

スポンサードリンク

記録が更新されたのは、2013(平成25)年8月12日高知県の江川崎(えかわさき)で41.0℃を記録し、それまでの埼玉県熊谷と岐阜県多治見の40.09℃を更新しました。

江川崎は、高知県西部の四万十市の北部に位置する地域で、愛媛県に隣接しています。

観測した場所は、アメダス(地域気象観測システム)の「江川崎観測所」。アメダスは、全国約1,300ヶ所に設置されています。

ほかにはどんなところが「暑いまち」なのか、ランキングでご紹介します。

最高気温の高いランキング1位~10位

順位

都道府県

地点

観測値

起日

1

高知県

江川崎

41.0

2013812

2

埼玉県

熊谷

40.9

2007816

岐阜県

多治見

40.9

2007816

4

山形県

山形

40.8

1933725

5

山梨県

甲府

40.7

2013810

6

和歌山県

かつらぎ

40.6

199488

静岡県

天竜

40.6

199484

8

山梨県

勝沼

40.5

2013810

9

埼玉県

越谷

40.4

2007816

10

群馬県

館林

40.3

2007816

群馬県

上里見

40.3

199874

愛知県

愛西

40.3

199485

(気象庁ホームページより)

熊谷と多治見が1位になるまでは、1933(昭和8)年の山形が1位だったんですね。

ところで、暑いというと、沖縄はどうなの?と思いませんか?

月別の最高気温ランキングを見ると、3月は「鹿児島県・名瀬※奄美諸島(30.4℃)」「東京都・南鳥島(30.2℃)」「沖縄県・大原(29.8℃)」と、”南国の島”が上位3位です。

しかし、4月以降は本州の地域が上位を占めています。

現在1位の江川崎、そして熊谷、多治見の特徴は、内陸にあること、標高がそれほど高くないこと、盆地であることが共通点で、熱がたまりやすい条件がそろっています。

それに加え、熊谷は東京、多治見は名古屋と大都市が比較的近く、ヒートアイランド現象で熱が運ばれるという説もあります。

こういったことを知ると、沖縄などの暑さは自然のもので、40℃を超える気温は異常気象なのかもと思いますよね。

「あついぞ!熊谷」は今年で見納め?「暑さ推し」はなくなる?

スポンサードリンク

そんな暑さを逆手にとって、まちのPRをしているのが、「あついぞ!熊谷」事業を行っている埼玉県熊谷市です。

この事業は、2005年からスタートし、キャラクターの「あつべえ」Tシャツやお面を使ったPRを行っていました。

「あついぞ!熊谷」のキャラクター「あつべえ」↓

しかし、「あついぞ!熊谷」は、市民から「あまりに暑さをPRすると、定住促進にマイナスイメージになるのでは?」などの声が上がるようになりました。

それを受けて、熊谷市も「暑さ」から「暑さ対策」にPRの重点を移し、今後は「あついぞ!熊谷」のPRも縮小されるそう。

熊谷市の夏の風物詩となった、百貨店「八木橋」前に設置される大温度計も今年(2017年)が見納めとなります。

ちょっと残念ですね。

とはいえ、「暑さ推し」だけではない熊谷市。こんな取り組みも行っています。

◇「熱中症予防情報」を発信!

日本初の熱中症予防情報システムを導入、市内30か所で観測をしています。その情報はホームページで「熱中症予防情報」が、メール登録すると「熱中症予防情報メール」で発信されています。

◇熊谷駅広場の「ドライミスト」でクールダウン!

熊谷市は、年間の快晴日が多く、2005年度の年間快晴日数は59日で日本一になりました。その特徴を活かし、太陽光発電システムの普及と暑さ対策に、熊谷駅広場に冷却ミスト(ドライミスト)を設置しています。

暑いだけに、暑さ対策も進んだまちだったんですね。

まとめ

熊谷市HPより

熊谷には、ブランドかき氷「雪くま」があり、市内各店舗で食べることができます。

雪くまは、淡雪のようにふわふわの食感のかき氷

食感のほか「熊谷のおいしい水を作った氷を使っていること」「オリジナルのシロップや食材を使っていること」が「雪くま」の条件になります。

1位の座を明け渡した熊谷ですが、今年最後になる大温度計を見て、ふわふわの「雪くま」を食べて、暑い夏を楽しんでみてはいかがでしょうか?

▼8月11日は「山の日
8月11日は山の日!由来は?日本にある世界一の山とは!?

迎え火・送り火の意味は?
お盆の迎え火・送り火の意味は?宗派によって違いはある?

▼こちらもどうぞ
記事まとめ

スポンサードリンク

-今日は何の日?, 雑学