気になるトレンドキーワード

今日は何の日・季節のキーワード・地域のイベントを紹介!

今日は何の日?

9月3日は王貞治が756号ホームランを打った記念日!

2017/07/04

http://kininaru-trend.net

9月3日はホームランの日

1977(昭和52)年9月3日、後楽園球場で巨人軍(読売ジャイアンツ)の王貞治選手が、通算756号ホームランを打ち、それまでアメリカ大リーグのハンク・アーロンが持っていた世界最高記録を更新したことが由来です。

その2日後には、初の国民栄誉賞が贈られました。実は、この賞は、当時の福田赳夫(たけお)首相が、王選手を称えるために創設したものです。

王貞治氏は、868本のホームランを記録、ダイエー・ソフトバンクホークスの監督としても卓越した成績を残し、「名選手名監督にあらず」という言葉をくつがえした人です。

そこで今回は、王貞治氏の選手、監督としての功績をお伝えします!(本文中は敬称略)

王貞治の選手、監督としての成績は?

スポンサードリンク

王貞治の選手としての通算成績は、2831試合に出場、生涯打率3割1厘、ホームラン868本

ON砲(オーエヌほう)」と呼ばれた長嶋茂雄とのコンビで、国民的人気を誇り、巨人軍の「V9」に貢献しました。

独特の一本足打法(フラミンゴ打法)で打ったホームラン868本の世界記録は、いまだに破られていません。

1978(昭和53)年のヒット曲、ピンクレディーの『サウスポー』にも「フラミンゴみたい ちょいと一本足で♪』と王選手をイメージする歌詞が入っています。

王貞治は、高卒で巨人軍に入団し、一度も移籍することなく40歳で引退しています。

その後、巨人軍で5年間、ダイエー・ソフトバンクホークスで14年間監督を務めました。

監督としての通算成績は、2507試合で1315勝1118敗74引き分け、勝率5割4分、リーグ優勝4回、日本一3回です。

特に、ホークスをAクラス常連に育て上げた功績は大きいといえます。

順風満帆ではなかった!?その野球人生とは?

http://kininaru-trend.net

王貞治は、「世界の王」「名監督」と言われていますが、その野球人生は、決して順風満帆とは言えないものでした。

一番おどろいたのは、子供の頃からプロ野球選手をめざして一直線というわけではなかったことです。

そんな王貞治の野球人生を見ていきましょう。

「世界の王」誕生のきっかけは高校受験失敗!?

王貞治は1940(昭和15)年、現在の東京都墨田区に生まれました。父は台湾出身の中国人、母は日本人で、現在も国籍は中華民国(台湾)です。

生まれたときは未熟児で、双子の姉がいましたが、1歳で亡くなってしまいます。貞治も3歳の頃までは身体が弱かったといいます。

しかし、中学の頃には身長176㎝の体格に育ちました。そして、のちに一本足打法の指導者である荒川博と運命的な出会いをします。

当時、現役のプロ野球選手だった荒川が、犬の散歩をしている途中、貞治が試合に出ていた野球の試合を眺めていました。

荒川は、左投げ右打ちだった貞治に、左打ちの方が有利だと伝え、貞治もそれを素直に聞いて、試合中に左打ちに変えたというエピソードが残っています。

貞治は、野球の強豪校である早稲田実業高校に進学しますが、実は、第一志望は別の高校でした。

父の希望もあり、大学進学をめざしていた貞治は、進学校の都立墨田川高校を受験するも不合格になってしまいます。墨田川高校には硬式野球部はありませんでした。

もし、この高校に進学していたら、「世界の王」は誕生しなかったということですね。

高校では、春夏の甲子園に出場。当時はピッチャーで、2年生の夏の甲子園では、2回戦で延長11回を完投し、ノーヒットノーランを達成しています。

大学進学を希望していた貞治でしたが、3年生の夏に都大会の決勝戦で敗れ、甲子園に行けなかった心残りが、プロ野球に進むきっかけとなりました。

スポンサードリンク

「三振王」と言われた新人時代と一本足打法誕生!

1959(昭和34)年、高卒新人としては破格の契約金1,800万円、年俸144万円で巨人軍に入団します。

ピッチャーとして入団しますが、それほど評価されておらず、逆にバッターとしては高い評価を得ていたため、野手に転向することを命じられます。

しかし3年目までは、それほど目立った成績を残すことができず、「王は王でも三振王」とヤジを飛ばされるほどでした。

転機がおとずれたのは、中学時代に偶然出会った荒川博が、巨人の打撃コーチに就任したことです。

スランプに陥っていた王に、荒川が「今日から一本足で打て。三振を怖がるな」と言ったことから、結果が出始め、本格的に一本足打法に取り組むようになります。

その練習はすさまじく、「天井から吊り下げた糸の先に付けた紙を、日本刀で切る」という練習もしたというエピソードがあります。

貞治は、引退まで一本足打法を貫き、ホームラン868本という大記録を残しました。

スター選手から不振の監督時代、そしてホークスへ!

貞治は、1976(昭和51)年から4年間は選手兼任コーチ、1981(昭和56)年から3年間は巨人軍助監督をつとめ、1984(昭和59)年に巨人軍の監督に就任しました。

巨人軍監督時代は、1回のリーグ優勝、5年間Aクラス(3位まで)だったものの、日本一はありません。

若手選手との溝も深かったと言われ、フロントから責任を問われる形で辞任しました。

その後、野球解説者をへて、1995(平成7)年のシーズンから、福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)の監督となります。

就任2年目までは、5位、6位という結果に終わり、ナインの乗るバスがファンに、罵声とともに次々と卵をぶつけられる「生卵事件」もおきています。

スターの道を歩んできた貞治にとって、ファンからの仕打ちは今までに味わったことのない屈辱でしたが、それでも辞めずに「勝つしかない」と耐える日が続きました。

3年目の1997(平成9)年は4位、1998(平成10)年以降は、退任する前年の2007(平成19)年まで、日本一3回を含み、Aクラスを維持し続けました。

2006(平成18)年には、「第1回ワールド・ベースボールクラシック」日本代表の監督にも就任、日本を世界一に導いています。

2008(平成20)年10月7日の最終試合は、Kスタ宮城での楽天戦でした。試合後には、敵地にも関わらず、引退セレモニーが行われ、現役時代からのライバルであった楽天・野村監督からの花束贈呈もありました。

まとめ

http://kininaru-trend.net

巨人軍のスター選手から一変、監督時代には巨人から、実質クビ宣告、ダイエー・ホークスの初めにはファンからの罵声と、そんな時代を乗り越え、最後には多くの人に慕われる監督に。

本当にすごい人ですよね。

▼9月3日は「ドラえもんの誕生日」でもあります
ドラえもんの誕生日はいつ?のび太と出会ったきっかけとは?

▼9月2日は「宝くじの日
9月2日は宝くじの日!お楽しみ抽選とは?宝くじの種類は?

▼こちらもどうぞ
記事まとめ

-今日は何の日?