気になるトレンドキーワード

今日は何の日・季節のキーワード・地域のイベントを紹介!

今日は何の日?

9月20日は空の日!レア体験ができる空港イベントも紹介!

2017/08/05

http://kininaru-trend.net

9月20日は「空の日」

1940(昭和15)年に制定された「航空日」が起源です。

第1回は、この年の9月28日に行われましたが、翌年の1941(昭和16)年には、航空関係省庁間協議で9月20日に決定されました。

戦後、一時休止されましたが、現在は「空の日」と名前を変え、また、9月20日~30日の「空の旬間(じゅんかん=十日間)」も制定されました。

「空の日」の前後には、各地の空港でイベントが開催されます。

そこで今回は「空の日」にちなみ
・「空の日」の起源や由来は?なぜ9月20日なの?
・レア体験やクルーズも!羽田空港「空の日」イベントを紹介!

をお伝えします!

「空の日」の起源や由来は?なぜ9月20日なの?

スポンサードリンク

「空の日」の前身は「航空日」。

1940(昭和15)年9月28日に制定され、翌年から9月20日となりました。

9月20日なったのは、何か出来事があったというわけではなく、航空関係省庁間協議により決められた日付です。

「航空日」は、日本初の動力飛行に成功して30周年、そして紀元2600年を記念して制定されたものです。

動力飛行とは、エンジンのついた飛行機での飛行のこと。反対に、無動力の空の乗り物は、気球やグライダーです。

世界初の動力飛行に成功したことで有名なのは、ライト兄弟ですよね。それは、1903年のことでした。

日本初の動力飛行は、1910(明治43)年12月19日

徳川好敏(とくがわ よしとし)大尉と、日野熊蔵(ひの くまぞう)大尉が、それぞれ違う種類の飛行機で成功させました。

もう一つ、「航空日」は紀元2600年を記念して、とあります。

紀元2600年は、日本の初代天皇とされる神武天皇が、即位してから2600年という意味です。

このとき日本では「紀元二千六百年記念行事」として、様々な行事が行われました。目的は、日本は長い歴史を持つ偉大な国であることを、国内外に示すこと。

もう一つ、当時(昭和15年)は、日中戦争が長期化しており、国民の気持ちを祭りや行事で晴らそうとする狙いもありました。

「航空日」は、太平洋戦争が終わるまで行われていましたが、戦後、連合国の命令によって、日本が航空活動を行うことが禁止されたため、休止されます。

再開されたのは、1953(昭和28)年9月20日

1950(昭和25)年に、航空行政権の一部が日本政府に移り、1952(昭和27)年に航空法が施行され、日本の民間航空の再建にあたり、普及活動のため、「航空日」も再開されることになりました。

1992(平成4)年、民間航空再開40周年を記念して、「空の日」に改称され、「空の旬間」(9月20日~30日)も制定されました。

このとき誕生したのが、マスコットの「くにまる」くんです。「9(く)2(に)0(まる)」にちなんで命名されました。

くにまる 国土交通省航空局HP

レア体験やクルーズも!羽田空港「空の日」イベントを紹介!

スポンサードリンク

「空の日」には、各地の空港でイベントが開催されています。

今回は、その中でも羽田空港で開催されるイベントをご紹介します。

羽田空港のイベントは、2017年9月23日(土)に開催されます。事前申込みが必要なものと、当日参加ができるものがあります。

普段は入れない場所で、飛行機を間近で見られたり、体験することができるイベントが盛りたくさんです。

事前申込みが必要なイベント

往復はがきで申込み。8月31日必着。応募者多数の場合は抽選になります。詳細は「空の日ネット」をご確認ください。

タワー展望室見学ツアー

地上約100mの展望室からは、次から次へと続く飛行機の離発着はもちろんのこと、スカイツリー、ゲートブリッジなどが見えます。運が良ければ、富士山も見えるかも。

対象者:小学生から中学生まで 100名募集(10回実施 1回につき10名)※小学生低学年は保護者同伴必須

格納庫見学ツアー

航空会社の格納庫へバスで移動して、整備中の飛行機を間近で見学!

対象者:小学生以上 360名募集(4回実施 1回につき90名)

滑走路見学ツアー

羽田空港の滑走路をぐるりと1周!離着陸する飛行機が間近で見られます!

対象者:小学生から中学生まで 120名募集(3回実施 1回につき40名)※電子メールアドレスを持っている保護者同伴

B-200フライトシミュレーター体験搭乗

訓練で使われているシミュレーターの操縦かんを握って、空港の離着陸が体験できます!

対象者:中学生から高校生まで 20名募集

羽田空港沖「UnderJet」クルーズ

羽田空港沖の海上で航空機を真下から眺められるクルーズです。「空の日」の9月23日(土)以外でも開催されます。

羽田旅客サービス(株)」のサイトから申込みができます。先着順で、料金は2000円です。

当日参加できるイベント

・子供航空教室&子供制服写真撮影会

・お天気教室

・ダンスパフォーマンス

・オーケストラ演奏

・グッズ等展示販売

などが開催されます。

昨年は、JALのCA(客室乗務員)のダンスチーム「JAL JETS」によるチアダンスや、ANA Music Service(ANA ミュージック サービス)による「スターウォーズの曲」「情熱大陸」など、おなじみの曲の演奏が行われました。

まとめ

他の地域のイベントは、「空の日ネット イベント」で検索してみてください。

遠くまで旅行に行けなくても、お近くの空港で旅気分を味わってみるのもいいかもしれませんね。

▼9月19日は「苗字の日
苗字の日が2つある理由は?苗字、名字、氏、姓の違いは?

▼9月21日は「世界アルツハイマーデー
世界アルツハイマーデーの由来は?もの忘れと認知症の違いは?

▼こちらもどうぞ
記事まとめ

スポンサードリンク

-今日は何の日?