気になるトレンドキーワード

今日は何の日・季節のキーワード・地域のイベントを紹介!

今日は何の日? 雑学

長崎くんちが始まった衝撃の理由とは?どんな歴史がある?

2017/08/26

長崎伝統芸能振興会サイトより

長崎くんちは、毎年10月7日~9日に行われる長崎・諏訪神社の秋季大祭です。

くんち」とは、秋祭りの九州北部での呼び名。「おくんち」とも呼ばれます。

長崎くんち唐津くんち(佐賀県唐津市)、博多おくんち(福岡県福岡市)は「日本三大くんち」と言われています。

ほかにも、長崎県、佐賀県、福岡県の各地で「くんち」「おくんち」が行われています。

なぜ「くんち」と言うのかは諸説ありますが、旧暦の9月9日、重陽(ちょうよう)の節句に行われたことから「九日(くんち)」という呼び名になったという説がもっとも有力とされています。

長崎くんちが始まったのは、江戸時代初期の1634年。この祭りがはじまった理由には、衝撃的な歴史的背景がありました。

そこで今回は、
・長崎くんちが始まった衝撃の理由とは?
・7年に1回しか観られない演し物も!長崎くんちの仕組みとは?

についてお伝えします!

スポンサードリンク

長崎くんちが始まった衝撃の理由とは?

長崎くんちは、オランダや中国の文化もまざったエキゾチックな祭りですが、そもそもは、諏訪神社の祭礼です。

1634(寛永11)年、諏訪神社の神前で遊女の高尾、音羽が謡曲「小舞(こめえ)」を奉納したことが始まりとされています。

この祭りを始めたのは、長崎奉行・榊原職直(さかきばら もとなお)。武家出身で池上本願寺の僧となっていましたが、徳川家康の命で「徳川四天王」の一人、榊原康政の養子となった人です。

長崎は、江戸時代を通じ幕府の直轄領で、幕府の奉行所が置かれていました。

長崎奉行が「長崎くんち」を始めたのはなぜか?

その理由は、キリシタンの弾圧でした。

諏訪神社の祭礼(長崎くんち)を、長崎の町の神事と認定。町民を神社の氏子にさせました。その背景には、キリシタンを改宗させたり、弾圧する目的があったと言われています。

この頃は三代将軍・徳川家光の時代。キリシタンへの弾圧が強まっていった時代です。

長崎くんちが始まった1634年には、出島の建設が始まりました。1637年には島原の乱がおこっています。

スポンサードリンク

7年に1回しか観られない演し物も!長崎くんちの仕組みとは?

長崎くんちは、10月7日の前日(まえび)、8日の中日(なかび)、9日の後日(あとび)の3日間。

3日間とも、エキゾチックでダイナミックな「演し物(だしもの)」を観ることができます。

演し物を担当するのは、諏訪神社の氏子である長崎市内の各町。長崎市の59の町が、5~7町ごと7組に分かれて年ごとに奉納します。

その年の当番の町を踊町(おどりちょう)と呼びます。踊町の担当になるのは7年に1回。各町それぞれ違った演し物を奉納していますそのため、演し物によっては、7年に1回しか観られないものもあります。

長崎くんちの中でも、特にダイナミックなのが「龍踊り(じゃおどり)」「コッコデショ」「鯨の潮吹き」の3つ。

いずれも、毎年は観ることのできない演し物です。

龍踊り(じゃおどり)

龍が金の玉をおいかけるシーンが有名な「龍踊り(じゃおどり)」。テレビで紹介される、長崎くんちの代表的な演し物です。

担当する町は、籠町、諏訪町、筑後町、五嶋町。次回は2019年(籠町)の予定です。

コッコデショ

4人の子供と太鼓などを乗せた太鼓山(神輿)を、担ぎ手たちが高々と放り上げる勇壮な「コッコデショ」。コッコデショとは「ここでしょう」という意味と言われています。

担当する町は樺島町だけでしたが、2016年には上町が初披露し、二つの町が担当することになりました。次回は2018年(樺島町)の予定です。

鯨の潮吹き

鯨漁を再現する「鯨の潮吹き」。鯨、小船、納屋の形をした曳物(ひきもの)が、鯨を港に引き込み、大漁を祝う様子を表現します。

万屋町に滞在していた唐津・呼子(よぶこ)の鯨漁の頭領の提案で、1778年に始まったとされています。

担当する町は万屋町のみ。次回は2020年の予定です。

7年に1回しか観られないレアな演し物です。

まとめ

長崎くんちは、江戸幕府の政策の一つとして始まった祭りです。

しかし、380年以上の歴史の中で、オランダなどの南蛮文化や中国の文化を取り入れながら、町の人が作り上げる、日本有数の祭りになっていきました。

終戦の年の1945年10月7日、原爆投下から59日目にも開催されました。

長崎の人々の力強さを感じることができる長崎くんち。今回紹介した演し物以外も、みどころ満載です。

一生に一度は行きたい祭りですよね。

▼10月6日は「国際協力の日
10月6日は国際協力の日!国際協力、ODA、JICAとは?

▼10月8日は二十四節気の「寒露」
寒露の意味は?2017年は?「寒露の候」を使うのはいつ?

▼こちらもどうぞ
記事まとめ

スポンサードリンク

-今日は何の日?, 雑学