気になるトレンドキーワード

今日は何の日・季節のキーワード・地域のイベントを紹介!

今日は何の日? 雑学

さつまいもの日の由来は?十三里=サツマイモの意味は?

2017/09/03

http://kininaru-trend.net

10月13日は「さつまいもの日」

川越いも友の会」が1987(昭和62)年に制定しました。

埼玉県川越市は、”小江戸”と呼ばれ、時の鐘など風情ある町並みで有名な観光地です。

昔からサツマイモの町として知られ、サツマイモを使ったさまざまなお菓子を売る店も数多くあります。

10月13日が「さつまいもの日」である理由は、10月がサツマイモの旬であることと、「13」という数字が関係しています。

そこで今回は「さつまいもの日」にちなみ、
・10月13日が「さつまいもの日」の理由は?
・サツマイモが日本に広まったきっかけは?
・なぜ川越がサツマイモの名産地になったの?
についてお伝えします!

スポンサードリンク

10月13日が「さつまいもの日」の理由は?

江戸時代の諸国名物番付『天保時代名物競』に「サツマイモといえば川越」と記されたほど、川越はサツマイモの名産地でした。

栗よりうまい十三里」という言葉がありますが、これは江戸時代後期に誕生した焼き芋屋のキャッチコピー。

栗より=九里(くり)四里(より)で、足すと十三里。ということで、十三里といえばサツマイモのことを指すようになりましたが、江戸の出発点である日本橋から川越までが十三里だったことも由来となっています。

そこで、サツマイモの旬である10月と、サツマイモを表す「十三里」の13から、10月13日が「さつまいもの日」となったわけです。

http://kininaru-trend.net

サツマイモが日本に広まったきっかけは?

サツマイモは、江戸初期に中国から沖縄に伝わり、江戸中期から薩摩藩(鹿児島)で栽培されるようになりました。

サツマイモは、薩摩芋のほか、唐芋(からいも・とういも)、琉球芋、甘いイモという意味で甘藷(かんしょ)という別名もあります。

1732年の享保の大飢饉では、西日本が大凶作になりましたが、サツマイモを栽培していた地域では餓死者が出ず、世間にサツマイモが注目されることになりました。

そこに注目したのが、儒学者の青木昆陽です。八代将軍・徳川吉宗に、サツマイモについて書いた「蕃藷考(ばんしょこう)」を献上しました。

それがきっかけで、薩摩藩から取り寄せた苗が、江戸小石川植物園や現在の千葉県で試験栽培され、その後、東日本にも広まっていきました。

サツマイモは、米が栽培できない土地でも育ち、風害や干害にも強かったため、米の代用品や飢饉のときの食料として人々を救ったのです。

スポンサードリンク

なぜ川越がサツマイモの名産地になったの?

川越のサツマイモ”は、所沢の名主が、種芋を千葉から取り寄せ、栽培したのが始まりです。

所沢や川越などの武蔵野台地は、サツマイモの栽培に適していたため、川越藩一帯の村々に広がっていきました。

川越のサツマイモがブランドになったのは、川越藩主・松平直恒(まつだいら なおつね)が、十代将軍・徳川家治にサツマイモを献上したことから。

家治から「川越いも」の名前を賜り、飢饉のときの食べ物だと思われていたサツマイモが注目されることになりました。

川越は、新河岸川(しんがしがわ)が、江戸への水運となっていたため、重くてかさばるサツマイモも大量に運ぶことができました。

サツマイモの栽培が軌道にのった江戸後期(寛政年間)に、焼き芋屋が誕生し、「栗より(九里四里)うまい十三里」のキャッチコピーも生まれました。

その中でも「川越いも」が特においしいと評判になり、十三里=サツマイモの代表となったのです。

1898(明治31)年、木崎村針ヶ谷(現・さいたま市浦和区)の山田いちが、自分の畑で突然変異したサツマイモを発見します。

紅赤(べにあか)」と名付けられたサツマイモは、鮮やかな紅色の皮で、今までのサツマイモよりも遥かに甘く、「川越いも」といえば紅赤を指すようになりました。

戦後、川越ではサツマイモの生産量が激減し、サツマイモの町の面影はなくなってしまいました。その状況を復興し、川越いもの保存を目指して作られた市民有志の会が「川越いも友の会」です。

川越いも友の会では、毎年10月13日に、川越さつまいも地蔵が祀られている妙善寺で、「いも供養」を行っています。

http://kininaru-trend.net

まとめ

江戸時代には、飢饉から民を救ったり、戦中戦後の食糧難にも活躍したサツマイモ。

今も身近な食材であるサツマイモにも、さまざまな歴史があったんですね。

参考:クオリティ埼玉、埼玉さいと、サントリー文化財団HP

▼10月12日は「豆乳の日
豆乳の日の由来は?「豆乳」が発売されたのはいつ?

▼10月14日は「鉄道の日
10月14日は鉄道の日!由来は?鉄道博物館の歴史も紹介!

▼こちらもどうぞ
記事まとめ

スポンサードリンク

-今日は何の日?, 雑学