気になるトレンドキーワード

今日は何の日・季節のキーワード・地域のイベントを紹介!

地域の祭り・イベント 季節の行事・イベント

姫路城の桜2017!こんな穴場も|姫路城と千姫の関係は?

2017/04/23

http://kininaru-trend.net

姫路城は「さくら名所100選の地」に選ばれた桜の名所。

城内には、ソメイヨシノなど約1000本の桜が植えられ、西の丸庭園のシダレザクラ、三の丸広場の桜並木、姫山公園の内濠にかかる桜など、多くの見どころがあります。

今回は、
・開花情報や見ごろの時期
・ゆったり桜を楽しめる見どころや穴場スポット

をご紹介します!

姫路城の桜の開花はいつ?見ごろは?

スポンサードリンク

ここ数年の姫路城の桜は、開花が早まっています。

姫路市のホームページによると、

2015(平成27)年 開花:3月28日 五分咲き:3月31日 満開:4月3日
2014(平成26)年 開花:3月28日 五分咲き:3月31日 満開:4月3日
2013(平成25)年 開花:3月25日 五分咲き:3月30日 満開:4月2日

となっていて、3月30日~4月3日が見ごろになっています。年によっては、これよりも一週間ほど遅くなります。

姫路城の基本情報はこちら。

▼所在地
兵庫県姫路市本町68

▼入城時間
9:00~17:00(入城は~16:00)

▼休城日
12月29,30日

▼料金
三の丸広場常時無料開放
入城料 大人1000円・小人(小学生~高校生)300円

▼問合せ
姫路城管理事務所
姫路市本町68番地  姫路城三の丸広場北側
TEL:079-285-1146
FAX:079-222-6050

アクセスはこちら。

▼アクセス
【電車】
JR姫路駅・山陽電車山陽姫路駅から徒歩20分、または神姫バス「大手門前」バス停下車
【車】
東京・大阪方面から 山陽自動車道・山陽姫路東IC 降車 6㎞
岡山・広島方面から 山陽自動車道・山陽姫路西IC 降車 9㎞

姫路城の桜の見どころは?こんな穴場もあった!

スポンサードリンク

姫路城では、城内のいたるところで桜を楽しむことができます。今回は特に、小さなお子さんや年配の方も楽に桜を楽しめる方法と、穴場スポットをご紹介します!

姫路駅から楽ちん「観光ループバス」

姫路駅前から、お城の周囲を回る「観光ループバス」。ゆったり桜を楽しむことができます。

【運行日】
3月~11月の毎日、12月~2月の土日祝日(年末年始は運休の場合あり)
【時間】
9:00~16:30(土日祝日は17:00まで)
【料金】
大人100円、小人(6歳~小学6年生)50円 
※一日乗車券(大人300円、小人150円)を提示すると、姫路城、好古園、美術館(常設展)の入場料が2割引きに。

運行ルート/姫路駅前→姫路城大手門前→姫路郵便局前→美術館前→博物館前→清水橋(文学館前)→好古園前→大手前通り→姫路駅前

お弁当を持って行くなら「東御屋敷跡公園」

姫路城の東側、城見台公園の北側にある公園です。

一面が芝生に覆われ、周りに桜があります。シートを広げてお弁当を食べながら、ゆったり桜を観ることができます。

隣には動物園もありますので、小さなお子さんと過ごす、おすすめのスポットです。

日本庭園「好古園(こうこえん)」のシダレザクラ

好古園」は姫路城の西側にある日本庭園で、正式名は、姫路城西御屋敷跡庭園好古園と言います。この季節には、シダレザクラが美しく咲きます。

庭内にはレストランもあり、食事やお茶を楽しめます。

江戸情緒をかもし出す広い庭内は、数々の時代劇のロケ地となっていて、最近では「るろうに剣心」の撮影も行われた場所です。

こんな穴場も!

姫路城の南、大手前公園に隣接した、レストランやショップもある総合施設「イーグレひめじ」。ここの屋上からは、城内を一望できます。おすすめの穴場スポットです。

城の最寄りと同じ、神姫バス「大手門前」バス停で下車します。

イーグレひめじ(姫路市HP)


◆姫路城では桜のイベントも行われます。
姫路城観桜会(2016年は4月2日)
お茶席、地酒、千姫弁当、お花見菓子、姫路おでん、揚げかまぼこの販売などがあります。
姫路城夜桜会(2016年は4月1日~4月7日)
普段は入城できない、夜の姫路城西の丸庭園が無料開放され、
ライトアップされた桜と姫路城が楽しめます。

姫路城と家康の孫・千姫の関係は?

http://kininaru-trend.net

2015(平成27)年3月に平成の大改修を終えた、国宝・世界遺産の姫路城。別名「白鷺城」とも呼ばれています。姫路駅から、まっすぐどーんと見える姿が素敵です。

姫路城は、徳川家康の孫で、豊臣秀頼の正室だった千姫ゆかりの城でもあります。

秀頼が亡くなった大阪夏の陣の後に、姫路城主の本多忠政の長男・忠刻(ただとき)の元に、千姫が嫁いだのです。

忠刻は、誰もが振り返るほどの美男子だったそう。大阪城が落城し、千姫が江戸に帰る途中で、たまたま船の中で忠刻と出会い、見初めたとも言われています。

それを知った家康が、秀頼との政略結婚で不幸にさせた孫娘のために、婚姻を命じたという逸話が残っています。

桜、お城、動物園、庭園と、城内だけでも色々な楽しみ方がある姫路城。ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。

▼関連記事
3月27日はさくらの日!由来は?開花予想、開花宣言とは?

▼こちらもどうぞ
記事まとめ

スポンサードリンク

-地域の祭り・イベント, 季節の行事・イベント