気になるトレンドキーワード

今日は何の日・季節のキーワード・地域のイベントを紹介!

お役立ち情報

今すぐできる!緊張をほぐす方法を3つのステップで紹介!

2017/04/23

http://kininaru-trend.net

面接やプレゼンなど、人前で話すときは緊張するもの。

今回は、そんな大事な場面を目前にしたあなたに、緊張をほぐす方法を、3つのステップでお伝えします!

緊張をほぐす方法、3つのステップで最高の自分を発揮しよう!

スポンサードリンク

これから、緊張をほぐす3つのステップをお伝えします。どれも簡単にできるので、ぜひ実践して、最高の自分を発揮してください!

ステップ1 緊張していることを認める

そもそも、緊張していることで、悪い評価をされることはありません

例えば、好きな人に告白するときに、緊張している人を見て、嫌な印象を持つ人はいないと思います。

それと同じです。緊張するのは、それだけ真剣だということ。

「緊張してはダメ」というのは、”ダメ”と自分を評価しているようなもの。

緊張することは悪いことではありません。

良い悪いと評価せず、「いま、緊張してるな」と認めてしまうと、逆に、気持ちが落ち着いてきます。

ステップ2 身体をゆるめて、緊張をほぐす

緊張は「心」がするものですが、心と身体はつながっているので、「心」が緊張すると「身体」も緊張状態になります。

逆もまた同じ。温泉に入って、緊張するのは難しいですよね?

緊張をほぐすためには、身体をゆるめるのが、確実な方法なのです。

身体をゆるめる、おすすめの方法はこちら。

・声を出す
特に一人暮らしの人は、一言も声を出さないまま、いきなり本番で、声を出すことがあるかもしれません。

声帯も筋肉の一つ。出かける前に、テレビを観てひとり言を言う、でもいいので、声を出して声帯をゆるめておきましょう。

・軽くストレッチをする
お手洗いなど、だれも見ていなそうな場所があれば、軽くストレッチをしておきましょう。首や肩をまわして身体をゆるめると、声も出しやすくなります。

・肩の力を抜く
面接やプレゼンの直前は、知らず知らず肩に力が入っています。意識して、抜いていきましょう。

スポンサードリンク

ステップ3 「いま、ここ」に意識を向ける

緊張は、「うまく話せなかったらどうしよう」と、ちょっと先の未来を想像することで、起こるもの。

まだ来ない未来を考えすぎず、「いま、ここ」に意識を向けると、緊張がほぐれます

その方法がこちら。特に、本番直前に待っている間に行うと、リラックスできます。

・深呼吸
コツは、息を吐き切ってから、吸うこと。緊張している状態で息を吸うと、余計に緊張します。まずは、ゆっくり吐いてから吸うと、リラックスできます。

・地面に足がついていることを意識する
「いま、自分は地面に足をしっかりとつけている」と意識してみてください。身体に安定感が出て、気持ちも落ち着いてきます。

・意識を外に向ける
緊張しているときは、視野がせまくなりがち。窓の外や部屋の中のカレンダーなど、意識を外に向けてみると、緊張がほぐれます。

まとめ

緊張は、「うまく話そう」「失敗したらどうしよう」など、自分に意識が向いているときに起こります。

思い切って、面接官の顔をまっすぐ見たり、プレゼンで聴衆の顔を見渡すと、意識が相手に向いて、逆に緊張がほぐれていきます。

とはいえ、最初にもお伝えしたように、緊張は悪いものではありません。

むしろ、一生懸命さが伝わり、好感を持ってもらえる可能性も十分あります。

「緊張してもいい、思い切ってやろう!」という気持ちで、がんばってくださいね!

▼こちらもどうぞ
記事まとめ

スポンサードリンク

-お役立ち情報