気になるトレンドキーワード

今日は何の日・季節のキーワード・地域のイベントを紹介!

今日は何の日?

4月23日は地ビール/ビールの日|ビールを楽しもう!

2017/04/23

http://kininaru-trend.net

4月23日は「地ビールの日」。ドイツでは「ビールの日」に制定されています。

「地ビールの日」は、日本地ビール協会を中心とする地ビールの日選考委員会が公募し、1999年に制定しました。

夏にビール!ならわかりますが、なぜこの日に制定されたのしょうか。

今回は、
・なぜ4月23日に、「地ビールの日」「ビールの日」が制定されたのか
・「地ビール」って何?
・最近各地で開催される「オクトーバーフェスト」って?

について、お伝えします。

4月23日が「地ビールの日」「ビールの日」に制定された理由は?

スポンサードリンク

この日は、ドイツで「ビール純粋令」が施行された日。

1516年4月23日に、バイエルン国王ウィルヘルム4世が発布し、「ビール醸造には、大麦、ホップ、水以外の原料を使用しないものとする(16世紀半ばに酵母が追加される)」と定めました。

つまり、世界で初めてビールが定義された日なのです。これが「地ビールの日」「ビールの日」の由来です。

当時、質の悪いビールが横行していました。そのことを憂いたバイエルン候によって、ビールの醸造や販売について、細かく定められました。

「ビール純粋令」は、その後もドイツ・バイエルン地方で継承され続け、発布から500年経った今でも、ドイツでは大切に守られているそうです。

「地ビール」って何?「オクトーバーフェスト」とは?

スポンサードリンク

地ビールとは?

実は、地ビールの明確な定義はありません。

登場したきっかけは、1994(平成6)年の酒税法改正。ビールの年間最低製造量が、2000キロリットルから60キロリットルに引き下げされました。

といっても、ちょっとピンとこない量ですが、この法改正をきっかけに、全国各地に少量生産する、ビールメーカーが続々誕生しました。

そういったビールメーカーが生産するビールを「地ビール」と言います。

また、地ビールは「クラフトビール」と呼ぶこともあります。クラフトとは手工芸品という意味で、ビール職人が丹精込めて作ることから、そう呼ばれています。


オクトーバーフェストとは?

最近、大きな公園や地域おこしの一環として日本各地で行われているオクトーバーフェスト

本家は、ドイツ・バイエルン州都のミュンヘンで、1810年10月から行われている大規模な祭りです。

それ以前にも、バイエルン州では新しいビールの醸造シーズンの幕開けを祝う祭りが、各地で行われていましたが、その年の10月に、バイエルン王国の皇太子の結婚式があり、その後、国民の祭りになりました。

日本で初めて本格的なオクトーバーフェストが行われたのは、1977(昭和52)年9月20日・21日。場所は、大阪・梅田のアサヒビアハウスウメダ(現・スーパードライ梅田)です。

日本では、大規模な飲食イベントとして行われオクトーバー(10月)とは限りません。

外国の祭りを取り入れ、日本風にしてしまうのは、日本らしいですよね。

まとめ

http://kininaru-trend.net

「地ビールの日」「ビールの日」は、自国のビールの品質を守るために、バイエルン国王が定めた「ビール純粋令」が由来だったんですね。

オクトーバーフェストに行くと、ドイツビールがメインのようですが、せっかくなら、日本の地ビール中心のイベントがあってもいいですよね。

「地ビールの日」に、日本各地の地ビールを楽しんでみては、いかがでしょうか?

▼こちらもどうぞ
記事まとめ

スポンサードリンク

-今日は何の日?