気になるトレンドキーワード

今日は何の日・季節のキーワード・地域のイベントを紹介!

地域の祭り・イベント 季節の行事・イベント

六義園の桜のライトアップ2017!並ばず観られる裏技は?

2017/04/23

http://kininaru-trend.net

六義園のしだれ桜のライトアップは、東京でも、特に人気の桜の名所として知られています。

とはいえ、混雑していると聞き、行くのを迷ってしまうかもしれませんよね。

今回は、そんなあなたのために、六義園の桜のライトアップ情報と、並ばずに入れる裏技をお伝えします!

六義園のしだれ桜の見頃とライトアップ情報!

スポンサードリンク

六義園は、五代将軍・徳川綱吉の側用人・柳沢吉保が、自らの下屋敷として造営した大名庭園です。

六義園の名前の由来は、紀貫之が『古今和歌集』の序文に書いた「六義(むくさ)」から。

和歌に造詣が深かった吉保が、古今和歌集に詠まれた日本の名勝を取り入れた庭園です。

六義園には、計40本のソメイヨシノとしだれ桜がありますが、特に有名なのが、しだれ桜ソメイヨシノよりも少し早い、3月下旬に見頃を迎えます。

六義園のしだれ桜とライトアップ情報はこちら。

◆『しだれ桜と大名庭園のライトアップ』
▼期間
平成29年3月16日(木)~4月2日(日)

▼開園時間
9時~21時(最終入園は20時30分)
※期間中は、開園時間を21時まで延長します。また、駒込駅から徒歩2分の染井門を開門します。
※16時30分以降、安全確保のため立ち入りを制限する区域があります。

▼ライトアップ
日没~21:00(2017年3月16日~4月2日)

▼見頃
しだれ桜 3月下旬
ソメイヨシノ 3月下旬~4月初旬

その他の情報はこちら

▼住所
文京区本駒込6-16-3

▼電車
【正門】
JR山手線・東京メトロ南北線 駒込駅 徒歩7分
都営地下鉄三田線 千石駅 徒歩10分
【染井門】
JR山手線・東京メトロ南北線 駒込駅 徒歩2分 ※しだれ桜のライトアップに近いのは正門です。

▼入園料
一般 300円 65歳以上 150円 ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

▼問合せ
六義園 TEL:03-3941-2222

しだれ桜のライトアップ、並ばずに観られる裏技とは?

スポンサードリンク

六義園では、シートを広げたり宴会ができないので、入園できれば、それほど並ばずに観ることができます。

まず最初に混雑するのは、入園券売場。前もって入園券があれば、混雑を避けられます

入園券は現地でしか買えませんが、もう一カ所、買える場所があります。

その場所は、旧古河庭園旧古河庭園で六義園との共通入園券を買っておくという作戦です。

六義園の入園料は300円。共通入園券は400円です。

六義園と旧古河庭園は、徒歩20分の距離。

旧古河庭園を散策し、散歩しながら六義園に向かい、ライトアップされる前(日没前)入場する

このプランだと、並ばずに観ることができます。ちなみに、しだれ桜に近い正門のほうが、スムーズに入れます。

旧古河庭園は、明治政府の外務大臣・陸奥宗光(むつむねみつ)の別邸だったところで、次男が古河財閥の養子になったことで、
古河家の所有となりました。

鹿鳴館を設計したジョサイア・コンドルが、大正初期に設計した洋館が現存しています。

旧古河庭園にも、ソメイヨシノなどの桜が咲きます。ソメイヨシノもしだれ桜も観たい!となると、2017年であれば、4月1,2日の土日が見頃と予想されます。

まとめ

http://kininaru-trend.net

六義園では、「さくら茶屋」や「抹茶茶屋」といった、大名庭園を眺めながら、ほっと一息つけるところもあります。

旧古河庭園でお金持ち気分を、六義園で大名気分を味わう休日なんて、いかがでしょうか。

▼関連記事
東京の桜の穴場は?優雅な気分で桜が観られるスポット5選!

千鳥ヶ淵の桜2017!混雑しない最寄駅と穴場ルート紹介!

3月27日はさくらの日!由来は?開花予想、開花宣言とは?

▼こちらもどうぞ
記事まとめ

スポンサードリンク

-地域の祭り・イベント, 季節の行事・イベント