気になるトレンドキーワード

今日は何の日・季節のキーワード・地域のイベントを紹介!

季節の行事・イベント

イースターの意味や由来は?イースターの楽しみ方を紹介!

2017/04/23

http://kininaru-trend.net

本でも広まりつつある「イースター」。キリスト教の春のお祭りです。

ディズニーランドやユニバーサルスタジオ・ジャパンでもイースターのイベントが開催され、知られるようになってきました。

とはいえ、どんなお祭りなのか、いつなのか、よくわからないという方も多いはず。

そこで今回は、
・イースターの名前の由来や意味
・イースターはいつなのか?
・イースターの楽しみ方

についてお伝えします!

「イースター」とは?名前の由来は?

スポンサードリンク

イースターとは、キリスト教の「復活祭」のことで、イエス・キリストの復活を祝う、キリスト教で最も古い儀式です。

クリスマス以上に重要なお祭りで、イースターには家族が集まり、ごちそうを食べて祝います。

キリスト教には、人は生まれながらに罪を負っているという「原罪」という考え方があります。

イエス・キリストは、人々をその罪から救うために、身代わりとなって磔(はりつけ)になったとされています。

しかし、その2日後に、イエスは復活したと言われています。復活は、死や罪に勝利したということ。その日を祝うのが「復活祭」なのです。

では、なぜ復活祭を「イースター」と呼ぶのでしょうか?

イースターは、北方神話の春の女神の名前が由来になっているという説があります。

元は、異教徒の祭りであったイースターが、キリスト教の布教とともに、厳しい冬が終わり、春を祝うことが、「復活」のイメージとも重なり、イースター=復活祭として、広まっていったと考えられています。

イースターっていつ?2017年は?

スポンサードリンク

イースターは「春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日」と決められています。

3月22日から4月25日の間で、毎年日付けが変わるのです。

2017年は4月16日2018年は4月1日、2019年は4月21日、2010年は4月12日です。

2017年のイースターを数えるとこうなります。
春分の日 3月20日
最初の満月 4月11日
最初の日曜日 4月16日(イースター)

イースターの数え方は、キリスト教で共通ですが、西方教会(ローマ・カトリック教会、プロテスタントなど)と東方教会(ギリシャ正教など)では、使っている暦が違うので、日にちが変わります。

今回ご紹介したのは、グレゴリオ暦(西暦)。西方教会で使われており、わたしたちが使っている暦です。東方教会は、ユリウス暦を使っています。

2017年はめずらしく、西方教会、東方教会ともに4月16日です。その次に同じ日になるのは、2025年4月20日です。

ちなみに、「春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日」と定めたのは、325年に開かれた、キリスト教の全教会規模の会議である「ニカイア公会議」。

日曜日なのは、イエスが復活した曜日だからといわれることもありますが、その当時は、まだ曜日を使っていませんでした。

イースターの楽しみ方は?イースターエッグで盛り上がろう!

http://kininaru-trend.net

クリスマスにはクリスマスツリー、イースターにはイースターエッグがつきものです。

キリスト教に限らず、卵は「生命のはじまり」を表します。

イエス・キリストの復活は、死という殻を破ってよみがえったという意味で、卵がシンボルになっています。

イースターエッグを使った遊びは3種類

・庭や家に隠したイースタエッグを探す「エッグハント
・イースターエッグをスプーンに載せて運ぶ「エッグレース
・大きめのスプーンでイースターエッグを転がす「エッグロール
の3種類です。

この中で、特に盛り上がるのは「エッグハント」。小さいお子さんも、高学年も楽しめるゲームです。

最近は、プラスチックのイースターエッグが売られているので、そこにお菓子やガチャのおもちゃを入れて、イースターエッグ探しをすると盛り上がります。

前もって、お子さんとイースターエッグにペイントするのも楽しいですね。

イースターには、イースターバニーという、うさぎも登場します。

元々は、良い子か悪い子か評価する役割が、イースターエッグを運んでくる役割に変化しました。

「悪い子いねが〜」という秋田のなまはげが、サンタクロースに変わったようなものですね。

うさぎは、一度にたくさん子供を産むため、「生命の繁栄」のシンボルと言われます。ただし、イースターバニーは西方教会のみです。

まとめ

http://kininaru-trend.net

ここ最近盛り上がっているハロウィンは、かなりアクティブなイメージがありますが、「エッグハント」は、おとなしいお子さんも喜んでくれるゲームではないでしょうか。

ぜひ、イースターをご家族で楽しんでみてください。

スポンサードリンク

-季節の行事・イベント