気になるトレンドキーワード

今日は何の日・季節のキーワード・地域のイベントを紹介!

今日は何の日?

4月29日は昭和の日!由来は?みどりの日はどうなった?

2017/04/23

http://kininaru-trend.net

4月29日は「昭和の日」。

この日は、昭和天皇誕生日にあたります。

あれ?でも「みどりの日」じゃなかったっけ?と思いますよね。

現在、「みどりの日」は5月4日。ちょっと、ややこしいことになっています。

そこで今回は、
・「昭和の日」の由来と、
・4月29日が「みどりの日」から「昭和の日」になった理由

をお伝えします。

「昭和の日」の由来は?どんな意味がある?

スポンサードリンク

「昭和の日」は、2005(平成17)年に制定された祝日で、昭和天皇誕生日にあたります。

祝日は「国民の祝日に関する法律(祝日法)」によって定められています。

祝日法は、昭和の日について「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」としています。

直接的な表現は避けていますが、「激動の日々」とは、太平洋戦争をはじめとした激動の昭和を、「復興を遂げた」とは、戦後の焼け野原から立ち直ったことを指しています。

まさに、昭和を表した内容ですよね。

なぜ「みどりの日」が「昭和の日」になったの?

スポンサードリンク

ではなぜ、2005年になって「みどりの日」が「昭和の日」に変更されたのか?

一言で言うと、「政治の力」です。

実は、昭和天皇が崩御した1989(昭和64/平成元)年にも、昭和天皇誕生日を祝日として残すにあたり、「昭和記念日」など、昭和にちなんだ名前にする案も出ましたが、見送られました。

結果的に、4月29日は「みどりの日」と制定されました。

2000年に、自由民主党が中心となって「昭和の日」とする法案が提出されましたが、衆議院が解散し、廃案。2004(平成16)年に通過し、2005(平成17)年に制定されたのです。(実施は2007(平成19年)から)

「昭和」を風化させなくない、というのが狙いのようです。

ちなみに、みどりの日は祝日法で「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」とされています。

昭和天皇が生物の研究者だったことから、自然や植物をイメージする「緑」がつけられたのです。

「みどりの日」はどうなった?「国民の休日」は?

http://kininaru-trend.net

では、「みどりの日」はどうなったかというと・・・

2005(平成17)年に「昭和の日」が制定されことによって、「みどりの日」は5月4日にスライドされました。

5月4日は、以前は「国民の休日」という名前でしたよね。かなりあいまいな祝日の名前だな、と思った記憶があります。

「国民の休日」は1986(昭和61)年に導入されました。

5月3日の憲法記念日、5月5日のこどもの日にはさまれ、飛び石連休になり、連休を望む世論に応え、定められました。

しかし、「国民の休日」は、「国民の祝日」ではありません

振替休日と同じ扱いで、祝日法で定められた休日ですが「祝日」ではないのです。

では、祝日がスライドしていって、「国民の休日」がなくなったのか、というと、実は、残っています。

4月29日に「昭和の日」が制定され、5月4日が「みどりの日」になった際に、「国民の休日」も変更されました。

それは「祝日と祝日が飛び石になる間の日は『国民の休日』になる」というものです。

当てはまるのは9月。敬老の日と秋分の日が飛び石になったときの間の日。

例えば、2009年は敬老の日が9月21日(9月第3月曜)、秋分の日が9月23日。その間の9月22日が「国民の休日」となりました。

その年は9月19日(土)、20日(日)、21日(敬老の日)、22日(国民の休日)、23日(秋分の日)となり、5連休の「シルバーウィーク」として話題になりました。


最近では2015年、次は2026年の予定です。

まとめ

今回ご紹介した祝日・休日を整理すると、

・「昭和の日」は4/29→前は「みどりの日」(昭和天皇誕生日)
・「みどりの日」は5/4→前は「国民の休日」
・「国民の休日」は、祝日にはさまれた間の日

となります。

こうして、祝日も変わっていきますが、祝日の意味を理解するのは、大切なことですよね。

▼関連記事
5月4日はみどりの日!昭和の日、国民の休日との関係は?

▼こちらもどうぞ
記事まとめ

スポンサードリンク

-今日は何の日?