気になるトレンドキーワード

今日は何の日・季節のキーワード・地域のイベントを紹介!

地域の祭り・イベント

静岡まつり2017!大御所花見行列、夜桜乱舞の日時は?

2017/04/23

大御所花見行列
(静岡まつり公式HPより)

静岡まつりは、毎年4月第1金、土、日に開催されており、2017年は3月31日(金)、4月1日(土)、4月2日(日)に行われます。

「ここ駿府で徳川家康公が家臣を連れて花見をした」という故事にならい、1957(昭和32)年に始まった祭りで、昨年は、1日で40万人以上が訪れました。

特に、毎年芸能人が大御所役をつとめる「大御所花見行列」と、一万人の市民が参加する「城下総踊り夜桜乱舞」は、最大の見どころとなっています。

そんな、静岡まつりの見どころと、イベント日時の詳細をお伝えします!

静岡まつりの日程やスケジュールは?

スポンサードリンク

静岡まつりは、JR静岡駅に近い、駿府城公園が会場です。

駿府は、室町時代から戦国時代は今川氏の領地で、家康は、幼少期から19歳までを今川の人質として過ごしました。

そして晩年は、息子・秀忠に将軍職をゆずり、「大御所」として過ごした場所です。

2017年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』では、家康を、阿部サダヲさん、「今川の太守様」今川義元を、春風亭昇太さんが演じています。

静岡まつりは三日間開催されますが、1日目の3月31日(金)は前夜祭で、メインのイベントは4月1日(土)、2日(日)に行われます。

静岡まつりの基本情報はこちら。

スケジュール
3月31日(金):前夜祭
4月1日(土):駿府登城行列、大御所花見行列、城下総踊り夜桜乱舞、花魁道中、朝鮮通信使・葵使歓迎式
4月2日(日):大御所花見行列、城下総踊り、花魁道中、駿府紅蓮の大炎上・花火

開催場所
駿府城公園(静岡市葵区駿府城公園1-1)

問合せ
静岡まつり実行委員会事務局 TEL:054-221-0182

アクセスはこちら。交通規制があるのでご注意ください。

アクセス・交通規制
【電車】
JR静岡駅 徒歩約15分
静鉄新静岡駅 徒歩約12分

【車】
東名高速 静岡I.C 約17分
新東名高速 新静岡I.C 約18分

※毎年まつりの土日は、御幸通り(JR静岡駅~市役所前~中町)で14:00~20:00(日曜日は19:00まで)に交通規制があります。駐車場も限られるため、公共交通機関の利用をおすすめします。

静岡まつりは、祭りの由来どおり、大御所の呼びかけで花見が始まるという物語設定があり、5つの物語に分かれています。
【第一章】:大御所が花見に行こうと呼びかける『前夜祭』
【第二章】:大御所の呼びかけに応えて駿府城を目指す『駿府登城行列』
【第三章】:大御所と共に花見に出かける『大御所花見行列』
【第四章】:花見の宴を盛り上げる『城下総踊り夜桜乱舞』
【第五章】:若武者が城下に終焉を告げる『駿府紅蓮の大炎上』
(静岡まつり 公式ホームページより)

静岡まつり 大御所花見行列、夜桜乱舞の開催時間は?

スポンサードリンク

5つの物語のうち、特に見どころなのは「大御所花見行列」と「夜桜乱舞」です。

開催日時と、大御所役の芸能人はこちら。

大御所花見行列
4月1日(土)14:25~ 大御所役 田村 亮(たむら りょう)さん(ロンドンブーツ1号2号)
4月2日(日)14:15~ 大御所役 国広 富之(くにひろ とみゆき)さん

駿府城を出発し、大御所が御台所や中臈(ちゅうろう)、大名たち総勢400名を引き連れ、駿府城下を練り歩きます

御台所(将軍正室)や中臈(御台所の世話をする大奥女中)は、毎年オーディションで選ばれます。

城下総踊り「夜桜乱舞」
4月1日(土)17:00~19:50
城下総踊り(御幸会場のみ)
4月2日(日)15:30〜17:15

市民一万人が参加する、圧巻の城下総踊り「夜桜乱舞」。各連で趣向をこらした衣装も、見ごたえがあります。

当日、飛び入り参加もできる「竹千代連」もあります。当日16:00~「竹千代連受付」(御幸町受付または市役所観覧席横本部)で登録し、大人一人300円で参加できます。

また、車いす観覧ゾーン・350席の無料観覧席があり、当日観覧席階段下で先着順に受付します。

夜桜乱舞

その他、大御所から花見の宴に招かれた駿府の町民が献上品を持って、駿府城を目指し行進する登城行列花魁道中もあります。

駿府城公園は、駿府城下が再現され、楽市楽座や屋台村など、江戸時代の賑わいを楽しむことができます。

まとめ

とにかく盛りだくさんで、熱気に包まれる「静岡まつり」。

大御所の花見を再現しているとおり、桜の季節とも重なり、祭りと桜を同時に楽しめます。

午後からの大御所花見行列や、夜桜乱舞を目当てに行くもよし、午前中から開催している、屋台村などの「駿河の城下町」で江戸の雰囲気を楽しむのもよし。

ぜひ、静岡まつりに行ってみてはいかがでしょうか。

▼こちらもどうぞ
記事まとめ

スポンサードリンク

-地域の祭り・イベント