【軽貨物ドライバー】Amazonフレックスなどのギグワークについて

軽貨物ドライバー

はじめに

みなさんは、「ギガワーク」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

昨今、アプリを使って仕事を斡旋してくれる、ギグワークが大盛況になっております。

ギガワークの利点は、労使契約を結ばず、好きな曜日に働けたり、隙間時間を有効に活用して仕事ができる所です。

また、副業で利用してる方も多いです。

私は現在、「デリバリープロバイダー」と呼ばれるAmazon宅配を週に4日していて、休みの日に「Amazonフレックス」を利用しています。

この二つの仕事内容はほとんど一緒です。

デリバリープロバイダーとAmazonフレックスの違い

デリバリープロバイダーとは、委託会社からの斡旋であり、間にマージンを引かれた金額が収入になります。

Amazonフレックスとは、Amazon自体が個人の軽貨物ドライバーに直接オファーをして、仕事をしてもらう事になります。

同じような仕事ですが、中間マージンがないので、数千円違ってきます。

「それならAmazonフレックスだけやればよいのでは?」と思われると思いますが、これがなかなか一筋縄ではいかず、大人気のため、オファーがでてもすぐになくなってしまうほどです。

当然ながら、仕事が取れないと売り上げも上がらないので、安くなっても定期で入れるデリバリープロバイダーをやりながらということにしてます。

ギガワークの現状

このように、何種類かのギグワークがありますが、競争相手も沢山いるために、思うように仕事が取れない所が難点と言えます。

さらに言えば、それくらい軽貨物ドライバーに参入してる方が多数いると言うことです。

ここからは、少し厳しい話になりますが、元請けの会社などでは、よりよいドライバーを採用していきたいために、ふるいにかけてきています。

お客様からのクレームをもらってしまったり、誤配や遅配などを繰り返すドライバーなどは、契約解除になってしまいます。

簡単に参入してきているドライバーも沢山いるために、教育されてない方も多く、質も問われるようになってきてます。

逆に質がよく、元請けの期待に応えているドライバーは、優先的にオファーをだしているようです。

社会人として当たり前のことですが、仕事を請け負う以上は責任ある行動をして、ミスのない優良ドライバーを目指していきたいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました