【軽貨物ドライバー】募集要項にある「月収50万円」は実現可能なのか

軽貨物ドライバー

はじめに

昨今のコロナ禍の影響により、観光業や飲食業などからの転職先に軽貨物ドライバーが大変注目を集めています。 これは、この業界がフリーランスになるために非常にハードルが低いということが理由として挙げられます。 軽貨物ドライバーとして仕事を始めるには、営業ナンバーを取得しなければなりません。俗に言う黒ナンバーです。しかし、個人でも簡単に取得できます。 あとは税務署に行き、開業届けを出せばOKです。 最初は委託会社に登録して仕事を紹介してもらい、経験を積んでいく感じになります。

具体的な軽貨物ドライバーの仕事

では、軽貨物の仕事はどんな物があるのか説明します。 大きくわけて3種類あります。

スポット便

まずはスポット便です。 これは、ある場所から集荷をし、ある場所へ届ける仕事です。 近距離もあれば長距離もあり、距離により売り上げが変わってきます。 軽貨物ドライバーになって一番人気のある仕事です。 主に運転が仕事なので、体力的に楽であって、旅行気分でいろんな場所にいけたりするのですが、競争率が高く、仕事も取りずらいため、収入も安定しません。 また、ガソリン代や高速を使ったり経費もそれなりにかかってしまい、売り上げに対して旨味はあまりないかもしれません。

定期便

次に定期便です。 これは毎日決まった複数の場所に届ける仕事です。 いわゆるルート配送と呼ばれる仕事になります。 これは初心者向けで、3日もやれば覚えることができて簡単な仕事ですが、それ故に売り上げも低いことが多いです。

宅配便

最後に宅配便です。 これは文字通り、各家庭に直接届ける仕事です。 非常に難易度は高くセンスが求められますが、1番稼げる仕事です。 一個いくらの単価性や1日いくらの日当性があります。 どちらがよいとは一概に言えませんが、条件が揃えば50万は稼げます。 私は主に、この宅配便メインに仕事をしています。

どの仕事も、委託会社を通すか、直で仕事を取るかによって売り上げも変わってきます。間に会社が入れば入るほど、当然ながら中抜きされてしまうからです。

「月収50万円」は達成可能?

  軽貨物ドライバーについて、よく委託会社の募集で「月収50万以上!」などと目にしますよね。 こんな募集を見たら興味も持つし、反対に疑心暗鬼にもなりますね。 私もよく、どのくらい稼げるの?とか聞かれたりします。

一言でいうと、月収50万円は達成可能です。 しかし、稼げていない人も沢山いるのも事実です。その人によると言うことです。

休みなんかいらないから稼ぎたいとか、休みは週2日は欲しいとか、体力的に問題があるとかないとかです。 また、よい仕事にありつくのも簡単ではありません。

私の場合~月収80万円のときも~

私の例で話しますが、5年前に自前で車を用意して、大手宅配便に委託として入りました。 毎月平均65万は売り上げていましたが、週に6日働いて、毎日帰るのが22時過ぎと過酷さでした。しかし、やりがいをもって働いていました。 繁忙期の7月と12月には80万を超えたりもしました。

しかしながら、元請けの会社の事情により委託切りに遭い、委託会社の紹介で今度はAmazonデリバリープロバイダに入りました。 収入も減り毎月平均40万位になりましたが、週5日勤務で、仕事は20時前には終わります。 日中も数時間空いたりもするので、組み合わせの仕事も考えています。

収入は人による

このように、どんな仕事にありつけるか、またどれくらい売り上げたいのかは人それぞれです。

私の体感だと、軽貨物ドライバーになった人の3割くらいはやめていくような気がします。 思ったような仕事にありつけないとか、割に合わないとか、体力的にきついとか、理由は様々です。

フリーで軽貨物ドライバーをやるということ

この仕事でそれなりに稼いでいくのは努力が必要です。雨の日や暑い日も関係なく仕事をしなくてはいけないし、大事な荷物を預かる責任の重さを考えれば、会社員の何倍にもなります。それが、フリーでやっていくことだと私は思います。

また、先ほども書いたように、どんなに一生懸命頑張っても、元請けから仕事を断られてしまうなんてこともあります。いつも安定して仕事があるとは限りません。

この辺を覚悟した上で、売り上げの波もあるということを理解して始めるようにしてください。

大変な時も我慢して頑張っていれば、人脈もできて思いがけない仕事が回ってきたりします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました